使用楽器と解説

タム・アム・ラ演奏会で実際に演奏した曲の,使用楽器と解説です。


音の諸相シリーズ Vol.2

第5回演奏会 1995.6.10(Sat.)長野県県民文化会館

|HOME|CONCERT|LIBRARY|

1 打楽器のための序曲

J.Beck

スネアドラムが刻むビートに乗り、ティンパニ、ロートトムと鍵盤打楽器が旋律を奏でる明るさあふれるアメリカンな曲。 打楽器の持つ幅広いダイナミズムとカラフルな音色が理屈抜きに楽しめる。 I:グロッケンシュピール
II:チャイム、サスペンディドシンバル
III:マリンバ
IV:ヴァイブラフォン
V:ゴング、ロートトム
VI:スネアドラム
VII:スネアドラム
VIII:ティンパニ4
2 タンジェンツ

S.Fink

4人が同じ音色の楽器を中心に、それぞれのパターンを順々につなげては繰り返していく。テンポも変わらず、 盛り上がりもないのに(?)心を落ち着ければなんだか体が・・・・・瞑想する音楽。
四分音符=72で、かつ曲の推移は時間の経過(秒数)で指定、指揮者代わりに時計を使うよう指示されています。 我がグループでは、パソコンの画面にメトロノームと秒数を同時に表示させて指揮者代わりにしました。
I :木質楽器
II:膜質楽器
III:木質楽器
IV:膜質楽器
3 ”鼓”− 指揮者と8人の打楽器奏者のための

水野 修孝

「序」「破」「ポリリズム」「急」「結」の5つの部分からなるジャパネスクが詰まった舞台用作品。 「オトワヤー」「ナリコマヤー」「イヨ〜」と掛け声もにぎやか。舞台上を駆け回るため、流血の事態 に注意。 I:指揮
II:ティンパニ4、ウッドブロック3
III:ベースドラム、トライアングル、カウベル3、鈴
IV:タムタム、ウッドブロック3、フレクサトーン、カウベル3、トライアングル、カスタネット、ベースドラム
V:クラベス、マラカス、カスタネット
VI:モンキータンバリン、ベースドラム、ウッドブロック3、シンバル
VII:グロッケンシュピール、コンガ、ウッドブロック3
VIII:鈴、サスペンディドシンバル、ギロ、スネアドラム、ボンゴ、テナードラム
IX:トムトム4、ボンゴ、スネアドラム
4 木片のための音楽

S.Reich

5人のクラベス(拍子木)奏者による曲。I、II番奏者の刻むリズムの上に、ソロ的に1つづつ音が加えられ、 状況がゆっくり変化していく。作曲者はミニマルミュージックの旗手で、この作品は1973年に作曲された 初期の名作の1つ
(強固な意志のI番奏者と、体力のあるII番奏者が必要)
I〜V:クラベス
6 ケチャ 6人の打楽器奏者のための

西村 朗

Ketiakはインドネシア・バリ島に伝わる民俗芸能として有名であり、古代インドの叙事詩Ramayanaの物語 に基づく舞踏劇である。 しかし、この作品はそれをそのまま再現したものではなく、ケチャのリズム分析により抽出された4種の リズムパターンをもとに作曲され、そのリズムパターンを受け持つ4人の奏者はバリ島のケチャ同様、 tjak,tjak,tjak・・・といいう発生をしながら演奏する。一方、チャイム奏者とティンパニ奏者のパート は、エキゾチックで劇的な対話がラーマヤナを産んだインドの古い旋法にのっとり作曲者により再構成さ れている。ユネスコ国際作曲者会議1980年最優秀作品。 (マラカスの破損に注意、チャイム奏者は、スーパーボール、コントラバスの弓も用意して) I〜IV:ボンゴ、コンガ2、マラカス
V:チャイム、タムタム3、鈴
VI:ティンパニ6、サスペンディドシンバル2、シズルシンバル
6 アフリカン ウェルカム ピース

M.Udow

アフリカのリズム Agbadza,Tigre-Dance,Hi-Life を素材とした、アフリカ社会の持つエネルギーと スピリットにあふれた作品。打楽器はそもそも言葉の伝達、信号、儀式などに用いられてきた。 この曲は、お祭りを想定して作曲されている。オーストラリアの原住民の間で宗教儀式に用いられる ブルローラー(うなり板)が空気をふるわすと、いよいよ祭りが始まる。 I:スパガネ、トムトム4
II:スパガネ、ティンバレス
III:スパガネ、スネアドラム2
IV:スパガネ、ボンゴ
V:スパガネ、ティンパニ4
VI:スパガネ、鉄パイプ4
VII〜XII:ブルローラー、ラットル
コーラス

打楽器の楽しみシリーズ Vol.3

第6回演奏会 1995.12.9(Sat.)長野市勤労者女性会館しなのき

|HOME|CONCERT|LIBRARY|

1 4人のための4/4

A.J.Cirone

膜質打楽器(いわゆる太鼓類)による四重奏曲は多数あるが、この曲もその一つ。それぞれ音色の違う「たいこ」のリズムが組み合わせられ、重ねられ,力強い響きが生まれている。

I:ボンゴ
II:ティンバレス,ベースドラム
III:3トムトム,スネアドラム
IV:4ティンパニ
2 セレブレイティング クリスマス

T.A.Brown

鍵盤打楽器を中心に,「諸人こぞりて」「きよしこの夜」などを取り上げたクリスマス名曲集。

I :グロッケンシュピール,タンブリン
II:ヴァイブラフォン,トライアングル
III:マリンバ
IV:マリンバ,サスペンディドシンバル,トライアングル
V:チャイム,3ティンパニ,サスペンディドシンバル,スネアドラム,スズ,テンプルブロック,タムタム,フィンガーシンバル,タンブリン,トムトム,ベルトリー
VI:鍵盤

3 嬉遊曲−打楽器のための4つのエチュード

S.Fink

ドイツで活躍する作曲家(S.Fink)は,指定された12種類のばちと32種類の打楽器を用いて,打楽器奏者が訓練しなければならない基本的な手法やリズムを取り入れて作曲している。4曲からなる組曲。(ドラム奏者には難物なパターンがてんこもり)

I:ヴァイブラフォン,テンプルブロック,ピッコロスネアドラム,フィンガーシンバル,ボンゴ,ゴング
II:マリンバ
III:テナードラム,コンガ,タムタム,カスタネット
IV:ドラムセット,蛙の声,ウッドブロック
V:チャイム,メタルシェーカー,トライアングル,ティンバレス(ハイ),マラカス
VI:シロフォン,シンバル,クラベス,ティンバレス
VII:グロッケンシュピール,シンバル,ベースドラム,ギロ

4 3人の兄弟

M.Colgrass

ボンゴ,スネアドラム,ティンパニ奏者の掛け合いで進行する,テンポの速い明快な曲。 I:ボンゴ
II:スネアドラム
III:2ティンパニ
IV:カウベル
V:マラカス
VI:タンバリン
VII:サスペンディドシンバル
VIII:トムトム
IX:2ティンパニ

5 アンコール イン ジャズ

V.Firth

打楽器アンサンブルのスタンダードナンバー,ドラムセットを中心に,鍵盤打楽器が軽快なメロディーを演奏する。V.Firth作らしく,ティンパニソロが印象的。 I:4ティンパニ
II:ピッコロスネアドラム,スネアドラム,フィールドドラム
III:ヴァイブラフォン,ボンゴ
IV:マリンバ,カウベル
V:ボンゴ
VI:コンガ
VII:ドラムセット

6 ドラムセットと打楽器アンサンブルのための組曲

D.Mancini

ドラムセットをソロ楽器とし,ラテン,アフロ・キューバン,サンバのリズム(グルーブ)を用いて,ダンサブルな曲となっている。タイトルは「組曲」であるが,一続きで演奏される。ドラムセット奏者がいるグループにお勧めの1曲(一般受けもよい)。

ソロドラムセット
I:ボンゴ,トライアングル,チャイムトリー,フィンガーシンバル,タンボリム,ログドラム,メタルシェーカー
II:スネアドラム,メタルシェーカー,メタルアゴゴーベル,2ウッドブロック,2ログドラム
III:4トムトム,チャイムトリー,テンプルブロックス,チャイニーズシンバル,シロフォン,ティンバレス,クラベス
IV:チャイム,シロフォン,ウィンドチャイム,フィンガーシンバル,カバサ,クラベス
V:ヴァイブラフォン,クラベス
VI:マリンバ,グロッケンシュピール,フィンガーシンバル
VII:4ティンパニ,ポリスホイッスル

7 ボーナム

C.Rouse

この作品は,ロックドラミング及びドラマー 〜特にレッド・ツェッペリンの伝説のドラマー「ジョン・ボーナム」〜 へのオード(ほめたたえる歌)として作曲された。ドラムセットが演奏する核となるリズムは,レッド・ツェッペリンの曲(When the Levee Breaksなど)から取られている。 ローズらしく,リズム構成が複雑で,難易度が高い。

I:5ティンパニ,サスペンディドシンバル,ギロ,2ウッドドラム
II:ラチェット,タンブリン,スネアドラム,ヴィブラスラップ,ピッコロウッドブロック,コンガ,ハンマー
III:スネアドラム,バスドラム,タムタム,ウッドブロック,マラカス
IV:ティンバレス,サスペンディドシンバル,チャイニーズシンバル,クラベス
V:ベースドラム,テナードラム,カスタネット,カウベル
VI:4トムトム,タムタム
VII:2ボンゴ,4トムトム
VIII:ドラムセット

打楽器の楽しみシリーズ Vol.4

第8回演奏会 1997.1.19(Sun.)長野市民会館

|HOME|CONCERT|LIBRARY|

1 タンバリンのためのファンファーレ

J.ALFIERI

6人の奏者すべてがタンバリンを中心に演奏する。音のアンサンブルばかりでなく動きのアンサンブルも楽しめる。生演奏向きの曲。 後半の16分音符を中心としたリズムは,ほとんど運動会の世界!

I:タンバリン/II:タンバリン/III:タンバリン/IV:タンバリン,トムトム(13”)/V:タンバリン,トムトム(16”)/VI:タンバリン,ベースドラム

2 打楽器のための組曲

P.Faini

I:グロッケンシュピール,マリンバ/II:2トライアングル,サスペンディシンバル/III:2サスペンディドシンバル,シロフォン,グロッケンシュピール,チャイム,スネアドラム/IV:タンバリン,トライアングル,サスペンディドシンバル/V:クラベス,ベースドラム/VI:サンドペーパーブロック,ギロ,シンバル/VII:マラカス,カスタネット,スネアドラム/VIII:スネアドラム,5トムトム,ティンバレス/IX:ティンパニ

3 打楽器4重奏のためのブラジルの神話

N.Rosauro

ブラジルの作曲家であり打楽器奏者でもあるネイ・ロサウロによって1989年に作曲された曲で,5つのブラジルの神話的象徴が標題音楽の手法を用いて描かれている。楽器編成からもわかるとおり,多彩な音と不思議なリズムの饗宴が展開される。 要:派手な笑い声を出せる奏者、注意:ステージを濡らすと係員に怒られます。楽器の持ち替えをほとんど考慮してない!(風船飛ばしもあります。)

I:ボンゴ,シロフォン,空き缶,サスペンディドシンバル,サンダーシート,フライパン,グラス,ウッドチャイム,ギロ,タンバリン,パンデイロ
II:スネアドラム,2料理用鍋,サスペンディドシンバル,スプラッシュシンバル,バケツに入れた水,サンダーシート,空き缶,スライドホイッスル,グラス,カスタネット,3ウッドブロック,マリンバ
III:ベースドラム,タムタム,フィールドドラム,オートホーン,ホイッスル,チャイニーズシンバル,2コンガ,ヴァイブラフォン,森の悪魔,2料理用鍋,ボトル,5テンプルブロック,ラチェット,鳥笛
IV:4トムトム,グロッケンシュピール,ベル,トライアングル,3カウベル,クイーカ,椰子の実,グラス
4 ラテン楽器のための4つのコメント

L.Snider

4つの小曲からなる組曲。4人の奏者は1曲ごとに同種の楽器を使用する。
 1曲目カウベル 2曲目マラカス等 3曲目ギロ 4曲目コンガ
軽妙な掛け合いが楽しい!難易度、楽器調達、ステージ効果等々からお勧めの曲
I:カウベル,マラカス,ギロ,コンガ
II:カウベル,マラカス,ギロ,コンガ
III:カウベル,シェーカー,ギロ,コンガ
IV:カウベル,カバサ,ギロ,コンガ
5 リトモ・ホンド

C.Surinach

フラメンコの曲からとった3曲からなり,リトモ・ホンドとは「深いリズム」という意味。 フラメンコの真髄は静かで激しい歌(カンテ)だという。トランペットとクラリネットによるカンテ(歌)を味わいましょう。 手拍子3人組は赤いバラをくわえましょう!(もみ手,擦り手は不可) ソロトランペット
ソロクラリネット
I:ティンパニ
II:シロフォン,スネアドラム
III,IV,V:手拍子
6 ラ バンバ(メキシコ民謡)

TRAD MEXICAN/arr W.L.Cahn

定番のメキシコ民謡ラ・バンバ!ひたすら楽しくいきましょう。

I:マリンバ/II:マリンバ/III:マリンバ/IV:マリンバ/Vパーカッション

7 プラサ マウア(ブラジルのカーニバルマーチ)

H.v.Moisy

ドラムセットを中心としたノリノリの曲,セット,ティンバレスにド派手なソロあり。

I:カウベル,トライアングル
II:シェーカー,2サスペンディドシンバル,ティンバレス
III:4ウッドブロック,マラカス,タンバリン
IV:ドラムセット
V:ベースドラム
VI:スネアドラム
8 パーカッションブラジル

S.Fink

サンバ!ブラジルッ!(譜面じゃ全くわからない)

(編成の例)
I:スルド/II:シェーカー/III:アゴーゴーベル/IV:アゴーゴーベル/V:パンディエロ/VI:タンボリン/VII:タンボリン/VIII:ギロ/IX:クイーカ

|HOME|CONCERT|LIBRARY|