古いログ 新しいログ


 年の瀬から正月にかけては、日本的な行事が多く残っている時期です。
 しかし、その中身は年とともに変わっているようですね。というのは、 「おもちつき」といっても、今では機械でこねる位で、それさえ子供達には めずらしい、なにより、あまりおもちを食べない。鏡餅はパック入り、エビや 昆布は写真 とか、凧上げといっても、 お店で売っている凧は、ビニール製のカイトだったり。独楽回しとか羽根つき なんてやるのかな?
 とはいっても、'97年も今日で終わりです。今年一年間もとりあえず、無事 終了のようです。さあ、のんびり紅白歌合戦?(今の歌手はほとんどわからない)

  '97.12.31


 このコーナーの以前のログを読み直してみると、この2ヶ月間は 色々な演奏会があったようで、打楽器三昧でした。
 年の瀬も押し詰まって、1年間を振り返ってみても、やはり、1年間 打楽器三昧だったことは、変わりないようです。
 それでも、他のメンバーは、新年1月1日早々に「5千人の第九」と いう、いかにも合唱をやる皆様の考えそうな、オリンピック前イベント の太鼓パートだったり、オリンピック表彰関係の録音だったり、年末年始も 忙しそうです。それに比べれば、家でゆっくり出来る(ラッキー)。
 新年に向けて、このホームページも企画を考えているのですが、なかなか 大変で、表紙のお正月版くらいで、お茶を濁しそう・・・。(演奏会の「新春 特別ご招待!」とか言っても、いつもやってるご招待コーナーと何も変わ らない。)

  '97.12.29


 掲示板無料レンタルを利用して、「なんでも掲示板」を用意しました。
1日10名程度のご来訪者のページで掲示板があっても書き込みがあるのか 少々不安ですが、とりあえずまっいいか、はじめちゃえ!っていうのりで スタートしました。
 ホームページというのはどうしても一方通行の情報になってしまうので インタラクティブな要素もあった方がいいのかと思います、いろいろ考えず まずはなんでも書き込んで下さい。
 演奏会情報、リンク依頼、打楽器グループの情報等々従来個々のページの フォームで入力していたものも、掲示板へ書いても結構です。
 って掲示板の宣伝ばっかりになってしまいました。

〜今日は仕事納めでした、明日から9日間冬休みです〜

  '97.12.26


 去る20日夜練習終了後、 我がグループの忘年会がありました(智くんの3歳の誕生日だというのに・・・)。
 当然お酒が入ると、楽しい話も、難しい話も出てきます。
前者では今後の新楽器導入構想とか(そんなもの、誰も言ってないって・・)、 新メンバー候補の拉致・入信計画とか(これも誰も言ってない・・・よね?) でしたが、後者(難しい話)は、現在の練習方法に対する考え方等々でした。 今後演奏会を継続していくためには、当然より高いレベルを目指す必要が あるわけで、現状の練習方法では、「おさらい会」の域を出ず、レベル向上 にはほど遠い、等々の硬派の意見がありました。
 確かにそのとおりだし、とはいっても地方でそれなりのメンバーを確保する ことはとても大変だし(現に当グループ結成以来、数人の人が入り、やめている) 楽しくやりたいし(楽したいって言う意味??、自分が一番さらえてないってこと) 、家族も無視できないし(さぼる理由?ともいう)、なにより、ホームページの 維持管理がさらう時間を圧迫している(ホームページいじらなかったらちゃんと 練習するかな・・・(^^;)
 いろいろ言っても、いっぱいお酒を飲みました・・(うぷっ)

  '97.12.22


 ブラウザをNetscape Navigator 4.03 というヴァージョンに入れ替えてみました。
Netscape Communicatorの中のブラウザです。見た目はInternet Explorerを意識してか、 Ver,2〜3に比べて大きな変化という感じです。
 Java や JavaScript、表、箇条書きなどは、Ver.3と同様に動くようです。
 ただ、インストール時に、前のヴァージョンのブックマークや住所録を 自動的に引き継がないのは困ります(手動でやる方法もよくわからない)

  '97.12.19


 表紙を見て気がついた方がいらっしゃるかとおもいますが、我流のJavaScript計画は 着々と進んでいます。
 が、JavaScriptというのは、Netscape Navigator2.0(?)から搭載された独自規格で、 Internet Explorerでは、3.0から初めて対応(互換?)したものです。
 したがって、JavaScriptで記述したものは、対応ヴァージョンのチェックが大変です。  通常にヴァージョンチェックをすると、Netscapeはそのヴァージョンを返しますが、MS のブラウザは、対応するJavaScript相当の、Netscapeと同じヴァージョンを返します。
 つまり、Internet Explorer3.0は"2"という値を返すようです。
 そのため、現在の主要なシェアを占める、Internet Explorer 3 or 4 Netscape Navigator3.0 or Netscape Communicatorの全てで同様に動作するJavaScript(互換Script)の記述は難しい ようです。加えて、対応しないマイナーブラウザに迷惑かけない記述は、どうすればいいのでしょう。

  '97.12.16


 前回書いた、"BATTERIE G"という4人のグループのコンサートは、我がグループの 近藤(弟)が、諏訪響の練習をさぼって聴きに行ったとのこと、やはり、レベルの高い 演奏を目の当たりにするのは、とても刺激になります。
 ここで、演奏会を聴きに行った近藤(弟)君の感想を無断で引用します。

 塚田さんも夜はご都合が悪いということで、リハを聴きに行ってもらったのですが、 木片はやるわ、クカイリモクはやるわ、オムファロ・セントリック・レクチャーはやる わ、おまけに雨の樹までやるというので、練習ドダキャンして聴きに行くことにしまし た。
 演奏の方はというと、素晴しいの一言。
 オープニングの木片は、テンポが速い!! 四分音符=250(は言い過ぎか)位でがん がんドライブさせてたたいていく。僕らのときは「拍を分からないよう」っていうのを狙 ったつもりだったけど、彼等は露骨に6拍子、4拍子、3拍子を分かるようにやってい た。ただ、テンポが速いので、それでも十分拍が混乱して聞こえるので、新鮮でした。
 クカイリモクは生演奏を聴くのがこれが初。ローズローズしていて面白かったけど、 印象に残っているのがセッティング。カウベルとS.CYMをつかう人がいて、もちろん、 その周りにはバスドラをはじめ、各種の楽器が入り乱れて並んでたのに、その2つだけ はジャンプor背伸びしないと届かないところにセッティングしてある。演奏頻度が低い というのもあるけど、アクセント的にその楽器を用いていて、それを叩くと見た目にも 明らかに分かるので面白かった。(ちなみに、そのパートをやる子(女性)は、曲のフ ィナーレでバスドラを叩きながら跳ねているではないか!!そういう気分になるのは僕だ けじゃないと分かって安心しました。)
 次は名古屋芸大(前述の跳ねた子がいた)がライヒに委嘱したという「NAGOYA MARIM BAS」。これはこれで面白かったけど、ピアノ・フェイズにそっくりな印象。
 つづいてマリンバDUOの曲「RHYTHM SONG」。ただ、降り番(だと思う)の男性2人( 竹島君と萱谷君)が各々マラカスっぽいのとジャンベをもってエスニック風な色づけ。 ジャンベ欲しい!!
 前半最後がオムファロ。これも生は初。作曲者ウェストレイクはオーストラリアの人 だそうで、オリエンタルな雰囲気が出ていると解説していた。その辺は良く分からなか ったけど、マリンバ4台で創られる響きは僕好み。来春にやりません?>小林さん
 休憩後の1曲目はクセナキスのドラム・ソロ曲「REBONDS b」。これならやってでき そうだと思ったけれど、譜面をどうやっててにいれようか?
 そして、武満の雨の樹。昨年サイトウキネンの室内楽で(同じホールで)聴いたけど 、本当に滴が滴る感じで面白かった。好き嫌いは別として今回の方が奏者の動きがリズ ムっぽかった。(言い換えれば、滑らかじゃない)
 次はさくら。お馴染みの曲をマリンバ4台で演奏。
 最後は「HOOK」という曲。マリンバ4本バチで叩きながらフットではバスドラを演奏 (4人中3人)。中条村の演奏会でもやって、その時は会場のせいもあって強烈な印象 を持ったのだけれど、今回の演奏はとてもおとなしいもの。これもホールのせい?でも 面白い曲。
 そもそも打楽器アンサンブルを「聴く」機会が少ないことに加えて(「演奏」するこ とはあっても)、レヴェルも高い演奏会でとても感動したのですが、参考になる点もた くさんありました。
 ひとつは、「リズムの共有」ということ。同じ拍子で、同じテンポで演奏しているん だから当り前と思うかもしれませんが、そもそも音符の感じ方がばらばらだったら全然 曲にならない。リズムを共有してこそ、微妙なテンポの揺れもみんなで動けるんだと感 じました。
 もうひとつは、前述と重なるかもしれませんが、「アンサンブル」ということ。この ことはこの前の市吹松代コンサートの後の「食事会」(?)でも話題になったことなの ですが、要するに「ソロ」ではなく「アンサンブル」なのです。リズムを共有して、他 の奏者と合わせる。簡単なようでとても難しいですよね。
 基本的な技術が高ければ、譜面を追った演奏であってもアンサンブルになる、とかつ て考えたことがありましたが、今はどうやら違うようだと感じています。基本的な技術 が高ければリズムの共有が容易になり、周りとのアンサンブル(合わせ)に集中できる から、素晴しい演奏になる、ということなのかな?だとすれば、やっぱ譜面にかじりつ くのでなく、暗譜とはいわないまでも要所要所は周りを見れる余裕を持つことが大事で すね。1月のコンサートの曲は正にこれらが必要だなとつくづく感じました。
 いづれにしても、すっかり洗脳されて帰宅した次第です。

  '97.12.15


 今朝新聞のコンサート情報欄をふと見ると(泊まりの忘年会のホテルで)、勤務地 の松本市で「東京芸大生による打楽器アンサンブル」というのがあり、フムフム日付 は・・・エッ今日だ。
 泊まり明けで、足もないし、聴きにいけない・・・、オット午後出張がある・・・ というわけで、そのコンサートのリハをわずかな時間聴かせてもらいました。(をい! 仕事はどうした!!)
 "BATTERIE G"という4人のグループで、ちょうど聴かせてもらった時間は、マリンバ アンサンブルの曲をやっていました。技術レベルの違いは当然ですが、テンポ感、 ダイナミックレンジの使い分け、特に音がすっと抜ける(退く)感じは、我々の グループには無いものです。(ただ、ディミニェンドというのとはニュアンスが違う ようです)
 プログラムの他の曲「木片」「ク・カ・イリモク」「雨の樹」「オムファロ・セン トリック・レクチャー」等々聴きたい曲は沢山ありましたが、残念です。 (宣伝に我がホームページを使わないとは・・・・もぐりだな (^^;

  '97.12.11


 季節はずれの大雨で、山の雪が心配です。それに、せっかく昨日8本スタッドレス タイヤに変えるという大作業をしたのに・・・・
 12月となり、何かと(気分だけは?)あわただしくなってきました。 年の瀬恒例年賀状の準備も始めました。演奏会のポスターなどを作っている手前、 いい加減なものは作れません、また、子供の写真だけでごまかそうって言うのも、 他の人からいただいた子供の写真だけの年賀状を見た印象からしてどうも・・・
といいながら、実は毎年子供の写真を使ったものになっているのが現状です。
 しかし、今年の子供達の写真はなかなか良いです。乞うご期待って所です( とまあ、親ばか)良い素材があるので、年賀状も8割方成功したも同然です!(親ばか限りなし・・・)

  '97.12.8


 JavaScriptとやらの参考書を買ったので、ちょっと勉強(?)してみようかな、 なんて思っています。
 とりあえず、今度の演奏会の案内のページに、演奏会までの日数を表示 してみました。表記方法がC言語に似ているようですね。
  ただ、ブラウザごとの互換性が どうなのか、よくわからないので少々不安です。とりあえず、演奏会までの 日数表示はNetscape3.0とI.E.3.0では正常に表示できましたが、グラフィック 操作はどうなのでしょうか?今度試してみましょう。
 って、そんなことやってばかりで、太鼓の練習はどうした!

  '97.12.4


 つまらないパソコンネタです。
いま、日本のソフトメーカーがシェアを独占している数少ない市場に、 年賀状ソフトというのがあります。(「筆○○」という名前で有名)
この年賀状ソフトは、毎年初冬の頃に合わせてヴァージョンアップ します。(だいたいヴァージョンアップで4,000円弱)が、年賀状は 年に1回しか出さないから、毎年ヴァージョンアップする人は、 そのヴァージョンは1回だけしか使わないということになります。
 うまい具合に今年の改訂には郵便番号7桁対応というのがありますが、 これも、宛名に使うのは平成11年の年賀状からで、今回は必要なか ったりして・・・(いや!いただいた年賀状の整理は、そのヴァージ ョンの製品でやるから、7桁対応は必要です!・・・メーカー談)
この市場は大きなものらしく、各社の製品が林立しているほか、かの MSさんも新規参入です(こんな市場まで食い荒らす必要はないと 思うのだけれど・・・)
 なにより、郵政省がインクジェットプリンタ対応年賀状を出した とか、出さないとか・・・

  '97.12.1


 いよいよ長野オリンピックまで、あと100日となります。今週末には、100日前イベントが開かれるそうです。
 街の中もオリンピックスポンサーの大きな広告や、全身スポンサーの広告1色になったバス、 道路やビルの建設の最後の追い込みが目立っています。
 ここへ来て、FISとNAOCの白馬1,800m問題など軋轢も見られるようです。大会運営 の現場にいる人達にとっては、ただでさえ忙しいところに、既存の方針を覆す可能性 に対して耳を傾けたくないことは心情的にわかりますし、自分たちがエキスパートで ある以上、部外者の意見の甘さもしっかり見えることでしょう。
 しかし、議論する場所も持たずに、他の意見を切り捨て去るということは、対外的 (国際的)に今後どう評価されるのでしょうか?
 「自然との共存」とても崇高な理念だと思います。しかし、今NAOCの掲げている 「理念」という言葉が「たてまえ」と同義語になっていないことを信じたいと思いますが・・・。

  '97.10.30


 かわら版(NEWS REPORT)のコーナーでも書きましたが、ようやくご来場者 4,000人になりました。 苦節うん年、思えば長い道のりでした。 (\(^-^)/うそです、10,000人になったらそう書きます。)
 この間に、色々なことを登録したので、全体の大きさは5MBを若干越えている ようです。といっても、現在つながっていないファイルも多く、整理しなければ いけないのですが・・・
 私の使っているプロバイダ、アサヒネットは25MBまで使えるのが売りですが、 これを全部使いこなすには、Hな画像データをてんこ盛りにでもしないと 無理かもしれません。それにHなサイトだったら100,000人くらいのご来場者を獲得するのも 無茶なことではなさそうですけれど。(アサヒネットにエッチなサイトが多いとも聴いてい ないけど)

  '97.10.28


 2回続けてオリンピックネタですが、今日長野オリンピックのチケットの 追加発売がありました。
 今回は「ちけっとぴあ」と全国600カ所の店頭販売でしたので、平日に 店頭へ並ぶことが不可能だった私は、職場から携帯電話で数回電話してみま した。・・・が、当然のごとく「ただいまこの回線は非常に混み合っていま す。」とのNTTのテープの声、残念でした。(忙しさと人の目で本当に 3回くらいしかかけられませんでしたが。)
 チケットの発売案内とか、空き状況はNAOCのホームページに出ていたの で参考になったのに、電話がつながらなければしょうがない・・・・。
 天下のIBMなんだから、チケット発売もインターネットで出来るようにして くれればよかったのに・・・(**; 

  '97.10.21


 地元の合唱団が歌う「千曲川讃歌」という新曲の発表会がありました。
作詞は地元の切り絵作家で作曲は三枝某(作曲家がちょっと・・・・) オリンピックまでには、「5000人の第九」、オペラ「善光寺物語」など地元の合唱 団が参加するイベントが目白押しです。合唱愛好家はイベント物が好きなようですね。
 前にも書きましたが(ログには残っていません)合唱・オーケストラ・吹奏楽などなど 音楽の編成によって、愛好家の気質・性格ってあるような気がします。
 ただ、合唱の皆さん達は、オリンピックの開会式で第九を歌うという 大役を担っているわけですが、開会式の入場券を買わされるという話は本当でしょうか?

  '97.10.20


 いつも使っているLibretto30はハードディスクの容量が少ないので,ブラウザ はNetscape3.0だけですし,HTMLは手書き(だから汚い書き方・・,ソースなんて 見ないでくださいね(^^; )です。
 ところがそれが災いしたようで,久しぶりにIE3.0で見てみたら・・,ごめんなさい! リンク集の表示がめちゃくちゃでした。(表示が変だったら教えてくださいよ!って 責任転嫁をはかろうとしたりして・・)
 ところで、MSとNetscapeの争いは,どうもMSの勝利が見えているようだという 話がよく聞かれます。また一つ、数少ないMSの独占でない分野が消えていくようです。
 世界最大の独占企業MSはやりたい放題って感じで、MS Office97へのアップグレード 価格が,Lotus Officeと争っていた前回に比べて,やたら高額になったのも,独占を 達成したからでしょうか。本来であれば、市場規模,シェアともに大きくなったのですから,価格が 下がってもおかしくないと思いますが・・・(その分野の人に聞くとIntelも非常に 高圧的だっていいますが)
 我々数多くの普通のユーザーは蟻地獄に引き込まれ,今後のMSに莫大な利益を与える ための奴隷となっていくような気がします。
 いつか、ユーザーを甘く見たつけがくればと思うけれど,残念ながら徳川家300年 の天下と同じ様な様相を呈してきているので,長いユーザー暗黒時代がすぐそこに来て いるような気がします。

  '97.10.19


 今朝通勤途中の、松本ICで逆方向(ICに入る車)側が大渋滞、その先頭 は2名の警官が、あわてた様子でしつこいばかりの検問をしていました。
 松本市内で殺人事件があったとのこと、午前中は至る所で検問があったようです。
 これとは別に、上信越自動車道が今日からまた北に伸びて、新潟県(中郷IC)まで つながりました。これで、長野県は高速道路で、山梨県、岐阜県、群馬県、新潟県 の4県とつながったことになります。(ますますみなさん!タム・アム・ラの コンサートは近くでやってますよ!!)
 新幹線と合わせて、交通事情が良くなることで、東京に一番近い田舎の長野県が 都会化することはいいのですが、犯罪事情も都会化してしまうのでしょうか?
 オリンピックが来ると今度は犯罪事情まで国際化なんてことになったらどうしましょう。

  '97.10.16


 ホームページの表紙に「4,000番目」を意識した掲示をしました。ちょっと気が 早いですね。
 最近は1日10名強のご来場者があり、とてもありがたいことです。・・・が そのうち、身内はどのくらいなのでしょうか?
 当然自分は、更新等に合わせて確認していますし、他にも数名インターネットが 出来る、と考えると、実質外部の方に何人見ていただいて いるのか、4,000(まだ3,800だって!)人のうちの2/3ってところでしょうか?( 実質はどうあれ、現にカウントされている数字がとりあえず4,000になることをめざ しましょう。)
 本当は、1月31日の演奏会までに5,000っていうのが目標なのですが、少々厳し いかな?(11月の演奏会シーズンにはいくつかチラシ入れをしますのでそれで 増えることをちょっと期待しています。)

  '97.10.13


 最近、日本最大の企業NTTは、電話のデジタル回線(ISDN)の普及に 力を注いでいるようで、実際、パソコンショップで昨年は見ることもまれだった TA(ターミナルアダプタ)が、アナログのモデムより豊富で低価格な品揃え ってところです(DSU内蔵アナログ3回線っていうNECあたりのTAは 確かに魅力的です)。
 我が家にもISDNの導入を!って検討していないわけではないのですが、 シェアウェアのダウンロードとか、ドライバのアップデート等々を頻繁にやるわけで はないし、通常の使用方法では律速段階は、自分の頭の回転や指の動きのよう な気がするので、導入してもあまりメリットはないのかもしれません。
 将来的に娘が夜に長電話でもするようになったら、検討しましょうか?
 なにより、NTTの料金をもっと下げてほしいですよね、インターネットの 普及で、電話の使用量は増加しているに違いないのだから、市場原理としては 通話料がもっとずっと安くなっていいと思うのだけれど・・・(テレホーダイなんて開始 時間でだいたい寝てるので、それから使い放題でも、全く意味がない、だいたい テレホーダイを使いこなしている人達は昼間何してるんでしょう???)

  '97.10.11


 私は現在タム・アム・ラの他に、音楽団体に加入していません。
(逆をいうと我がグループには複数の団体に入っている強者が多いのですが・・・) そのため、我がグループのメンバー関連の演奏会のトラ(エキストラというには おこがましいので、人数合わせ?)を頼まれることが多く、11月には オケ2、吹奏楽1、金管アンサンブル1と計4回のステージがある予定です。
 「休日は、家族サービスのために」の、つもりで他の団体には入っていなかった という部分もあるのですが、これでは何の意味もありません。(女房には 頭が上がりません・・・。)
 ところで、それぞれの団体の練習に参加してみると、色合いの違いががはっきり感じられ とてもおもしろいですね。
 地元でも有名な金管アンサンブルと吹奏楽団で、音楽の作り方の違いを 強く感じました。
 一方は、個々のメンバーが音楽を作り上げようという意識が音に感じられるのに対して もう一方は、反復練習の中でだんだんと形ができあがってくるという印象です。
 編成の大小もあり、一概にどちらが優れているという評価は出来ませんが、 一緒に演奏する、合わせている、という感覚は、後者では味わえないな、と思います。
 打楽器アンサンブルは、他のアンサンブルに比べて、その場の意識だけでアンサンブル を組み立てるのは難しく、どうしても反復練習の比重が高くなってしまいますが、 我々のグループも、アンサンブルを組み立てようという意識が音に出るような 演奏が出来たらと思います。(意識ばかりが空回りで演奏バラバラって、 往々にして起こりそう!?)

  '97.10.8


 タム・アム・ラのホームページは、細かくちまちまと更新をかけていますが、 これは、私の長野市−松本市間の高速バス通勤の賜物です。
 というのは、このバスの乗車時間約1時間の間は他に何もやることがありません。 (朝はひたすら寝ていますが・・・。) CDを聴いたり、譜面をイメージでさらったり、ということもできますが、走行音の 大きいバスの中では、ダイナミックレンジの広いクラシック曲や打楽器アンサンブル の曲は、特にppのところが聞こえません。
 そこで、昨冬来活躍しているのが、Libretto30です。AMDの486,100MHz、ハードディスク 500MBという非力機ですが、ブラウザとエディタさえ動けばいいので、これで十分です。
 ただ、キーが小さいのが難点です。(タッチタイプをするには少々きつい)
 長距離通勤の無駄な時間も、有効に活用できているようです。(これが1番無駄だ という話もある・・・・。)

  '97.10.6


 思いっきり親ばかネタです(読み飛ばしてください)
 家にあったプレイウッドの破れタンバリンを2歳の子が見つけて, 「パパこうやってやるの?」と階段に片足をかけて叩くまねをしました。 この他に,指ロール,指なめ(乾燥肌なもので・・・)等々子供が見に来た演奏会で,私が使った奏法をことごとくまねしていました。
 わずかアンコール曲だったのによく覚えているものです。この記憶力が大きくなってもあればいいのに・・・・(そううまくいく訳はない)

  '97.10.4


 今日10月1日から、長野行新幹線(下り線ではこう呼ぶ:ちなみに高崎までの区間の上りは 単に新幹線と呼ぶ:再度ちなみに正式名称は北陸新幹線)が、長野オリンピックをめざして開業しました。
 最短で、上りが79分、下りが82分、平均で90分程度だそうです。皆さん!タム・アム・ラ のコンサートはすぐ御近所でやっています。ぜひお越しください。
 いままでは、長野というと東京から遠いところで、我々アマチュア音楽家の指導を プロの方にお願いしようと思っても、なかなか大変でしたが、これからは謝礼は別にしても 来ていただき易くなったのではないでしょうか。
 そういう意味では、長野の音楽レベルの向上につながることだと思います。
(でも、都会の方達のように何でも「お師匠さん」に付いて、ミニプロ奏者になるのも どうかなって、我流で育った田舎のロートル奏者のひがみ・・・・)

  '97.10.1

古いログ 新しいログ