古いログ 新しいログ


 官公庁や学校の1年(年度)が終了しました。新たに発足した組織での1年でしたが、充実はしていたものの、結果はどうだったのか?あまり人に誇れるような成果があったとは思いません・・・・・・。次の1年もうすこしがんばらないと、とは思うけれど、はたして来年の今どう思っていることでしょうか???
 とはいうものの、年度当初のこの時期は、何回も書くけれど、花粉症の真っ最中(; ;)!!!!目が痒いし、鼻水、くしゃみは出るし、加えて風邪の後遺症で咳が出るし、最悪だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  '00.3.31


 やはり、寒空の中の駐車場係が効いたのか、熱が出たりということはありませんが、咳が出ます(ゲホゲホ・・・)、ドラッグストアで咳止め薬や常備薬用の風邪薬、これからの時期の鼻炎用薬等を買い込んだので、薬物乱用者または、飲食店経営者八木某容疑者のお仲間と思われたかもしれません(というか、そういう買い方をしている人に、一言いわずに売る方も売る方なのですけれどね・・・・・)。
 そういえば、その八木某容疑者(って全く某になっていない)の風邪薬による殺害(?)計画ですが、相当量の風邪薬を使用しなければだめなのでは?と思うのです(たとえ酒(アルコール)との相互作用といったところで・・・・)。ということは、異常なくらい多量の風邪薬を購入していたことになり、たとえ従業員に頼まれた、という説明であったとしても、販売する側はそれなりのチェックをかけるべきであったと思います。医薬品の販売は、患者さんの状態を確認した上で販売する対面販売が原則で、こういった乱用行為は一番確認しやすいはずなのですが・・・・・。大型店やコンビニ等々で医薬品を販売させないという、最大の理由は医薬品の適正使用のチェックが現行の業態であれば(しっかり)出来るということだったはずなのですがね。???

  '00.3.29


 3月も終わりというのに今日は1日雪が降っていました。が、その最中に、こどもエコクラブ全国大会の駐車場係で、一日外にいました(風邪も治ってないのに・・・よほど日頃の行いの悪いやつがいたに違いない・・・(ってじぶん??))。
 エコクラブということで「環境について」色々考えたり、実践したりする、こどもたちや各種の団体が集まったのですが、そのこどもたちの送迎をするバスが駐車場でずっとアイドリングをしたままだったり、出演・出展するこどもたちを見に来た親たちが、少しでも近くの駐車場に車を止めようとしたり(「5分歩いてくれ」と頼んでも不満そうだったり・・・)・・・・。少々考えさせられてしまいます。
 同時にやっていたフリーマーケットの出店者が、受付時間が遅いと文句を言ったり(怒られてしまいました・・(; ;))、イベント会場から少々離れた駐車場へ車を移してくれと頼んでおいても、荷物を搬入後そのまま「だんまり」を決め込む人が半分以上だったり、というのもありました(特にその文句を言ったやつがだんまりだったのは許せない!)。
「フリーマーケット」が「リサイクル」の名の下に「美化」されているようですが、とはいっても、「商売」には違いないわけで、「商売人」が「無料」で「お店」を借りているのに、家主に文句を言うとか、「お店」の人の車が店の前の駐車場に入っていて「お客さん」が遠くの駐車場を使うという状況は変ではないのでしょうかね?

  '00.3.26


 春だというのに、少々油断したせいか、風邪がなかなか治りません、花粉症と相乗効果で、最悪です・・・・(; ;)。
↓では少ないと書きましたが、その効果か(?)23,000アクセスの達成と、地元の音楽関係HPのリンク要請がいくつかありました。
そして、最近HPを立ち上げる方々のHPの出来は、私が最初にはじめた頃の比ではなく、皆さんしっかり作り込んでいて、さすがです!!
 一方で、(前も書いたかもしれませんが)最近のインターネット人口の爆発的な増大は、目を見張りますが、インターネットから情報を得ることしか考えていない人の比率が高くなっているようで(気のせい?)残念です。無償で得られる情報があるってことは、その対価って何だろうと考えると、自分の持っている情報の提供ではないかと思うのですが(たとえ玉石混淆でも)、もしこのままだとすると、有用な情報の多くが有料化したら、引き潮のごとく(インターネットブームは)退いてしまうってことなのでしょうか・・・・・????

  '00.3.23


 年度末で、進学・進級・転勤や業務が忙しいのか、HPを見に来ていただく方の数も少ないし、メールや書き込みによる情報提供等々もほとんどありません・・・・(; ;)
 振り返ってみると、例年この時期はご来場者が減少するようなので、4月になって戻って来ていただけることを期待しています。
 話は違いますが、先日、自動登録式のクラシック関係ジャンルのリンク集を立ち上げた方からメールをいただきましたが、最初はほとんど登録がなかったので、しばらくしてからのぞいてみると、それなりに数が増えているので、どういうところがあるかと思ったら・・・・・
自動登録式ということをいいことに、男女の出会いの場の紹介だの、中古車販売だの、全く関係ないサイトがいくつも登録されていました。人のいない自動販売機コーナーにゴミを捨てたり、落書きしたり、電話ボックスに怪しいチラシをおいたりって感じに近いものがありますね・・・・・なんだか、悲しい気分になります。

  '00.3.21


 隣の市に「いちご狩り」が出来るところがあるということで、インターネットで場所等々を検索したところ、しっかり出ていました。おかげで迷わずに(入場料金にもびびらずに・・・)行って来ました。数年前から営業しているらしいのですが、長野市近郊では初めての「いちご狩り」だけに、かなりの人出でした。子供達も大喜びで、一番下の2歳の子も(入場料ただにも関わらず)、自分でつみ取って「甘いよ」とかいいながら、(白いようないちごも)食べていました。
 おみやげコーナーでおもちゃを買わないために、「インターネットでペーパークラフトの乗り物を作ってやる!」とか口からでまかせを言ってしまったため、帰宅後細かい作業で泣きました・・・・・。(希望は新幹線500系のぞみ・・・・先頭部分の曲線が出来ないよ〜)、PDF(アドビ アクロバット形式)のファイルで、かなり精密なものでびっくりです。(JR西日本のページ)

  '00.3.20


 長女が10歳の誕生日(もうしばらく前)となり、十周年記念(?)ということもあり、少々プレゼントを気張ってやろうかと思いました。候補として、「CDMDラジカセ」、「天体望遠鏡」、「パソコン」等をあげたところ、(本人は本当は「シール手帳」がいいなんていってましたが。)希望は「天体望遠鏡!」ということだったので、用意しようと思ったところ、職場の上司がお子さんのいらなくなったものをくれるとおっしゃるので、お言葉に甘え、いただきました。
 少々、状態が悪いものだったので心配でしたが、(素人細工で整備したところ)とりあえずベランダから月面観測は十分出来るようです。娘は月面のクレーターなどを見て、大感激の様子でした。自分が天体望遠鏡で月や土星の輪を見たのが小学校6年の時でしたから、子供がそういう世代になって来たのを見ると、なんだか不思議な感覚があります。
(ところで、プレゼント代が浮いたってことになるのかな・・・・・(^o^)  )
 
  '00.3.19


 春の選抜高校野球大会に、長野市の長野商業高校が出場し、1回戦の最終試合で山口県の岩国高校と対戦するそうです。久々の長野市内からの甲子園出場なので、市内にはのぼりや横断幕などがたくさん出ています。特に地元の商店街の長老達は長商出身者が多いので、これからますますにぎやかになることでしょう!出来るだけ長く春の甲子園を楽しんでいられるように、がんばってほしいものです。
 
  '00.3.16


 昨日の続きで、スタイルシートの話ですが、ブラウザはNetscapeもI.Eも、日本語は行間が詰まっていて、とくに長文になると(このひとりごとのように・・・・)とても見づらいものです、が、スタイルシートで、行間をいじってやるとそれなりに見やすくなりますね(悪文と内容のなさで、読みにくいことには変わりないけれど・・・・)

  '00.3.15


 本当に久しぶりにトップページをいじってみました。モノトーンを基調にして前とは少々違ったイメージかと思います。いかがでしょうか?
 それにあわせて、スタイルシートとかいう設定を少々いじってみています。が、I.E5ではうまく表示するものの、Netscapeではあまり思ったような効果が得られません。ますますブラウザごとの表示が違ってくるということになるようです。困ったことです・・・・・・

  '00.3.14


 またまた、MSさんやってくれました!!「PS2」に対抗して、「X-Box」とかいう次世代ゲーム機発表!って地方紙のトップ記事で出ていました・・・・・
 発売時期は2001年の秋・・・・えっ2000年の間違いではないの??と思いましたが、やっぱりMS得意のヴェーパーウェア(今度はソフトではないのでヴェーパーハード(?) つまり、実態がないただのプレスリリースの為だけの品物(というかただのコンセプト)です。プレステ2対策なのでしょうが、まだまだ実態のないものをいかにも明日にでも出るように(出るのは1年半も後なのに)、かつ、夢のようなスペックを唱って(本番までに実現しないスペックやスペックだけで実用性のないものも含めて)、ライバルへ流れる客を強引に手元に引きずり込む、MSさんの過去の常套手段をここでもやってみせてくれました。
 逆に言うと、プレステ2とソニーが驚異に感じられているのでしょうが、それにしても、1年半も後のものを・・・・と考えると、MSさんも少々焦ってるのかな?なんて思ったりします。その1年半後のお祭り騒ぎも予想できます。(私はゲームやらないのでどうでも良いですけどね)

  '00.3.8


 最近のPCにはShogakukan Bookshelf Basic等に代表される百科事典ソフトがついていることが多いですよね。こういったものやインターネットでの検索で情報を入手することはとても容易になってように思います。それはそれでとてもいいことなのですが、情報を得るということで、「わかった・理解できた」と錯覚してしまうことってないでしょうか?「情報」を多く持っている人が必ずしも「状況」を的確に把握できているとは限らない。情報収集能力とその咀嚼能力が両方ないとただの頭でっかちになってしまうのでは(特に今の時代は)と思うのです。(咀嚼能力がない人が情報収集能力を持っているほどたちが悪かったりして・・・・)
 新潟県警前本部長の「旅館にはファックスがあるので、指揮命令に支障はなかった・・・・」的な発言も、それに近いように思うのですが。

 '00.3.8


 親ばかネタなので、読み飛ばして結構ですが・・・・・・

 なんと、今日の夕食後弟2人が、食後の後かたづけと食器洗いをしてくれました!!明日あたり春の大雪にならなければいいけど、と少々心配です。
 奇跡的に茶碗が割れたりはしませんでしたが、油汚れなんかが落ちたかどうか?・・・・+周りはみずびたし・・・・・。
 それにひきかえ、お姉ちゃんはもうじき10歳になろうとしているのに、弟たちのがんばりを無視して(というより気づかず・・・・)ポテトをほおばり、にこにこ顔・・・・なさけない・・・・・・( ; ;)


 '00.3.6


 さきほど、あるプロの演奏団体のHPを管理運営されているという会社からメールがあり、相互リンクをしてほしいとのことでした。
 そこで感じたことなのですが・・・・・

  1. 別に演奏家自らがHPを作ったり、管理運営したりしなければならないとはいいませんが、相互リンクということであれば、メールくらいご自身でくださってもいいのではということ・・・・
    なんだか、仕事でやってるみたいで味気ないなぁって感じがします。また、そのHPのリンク集は自動リンクが出来るようになっていました。リンク集だけを構築しているHPならいいのですが、音楽家の方のページということであれば、自ら取捨選択した内容であってほしいような気もするんですけどね。
  2. ニュアンスが難しいのですが、リンクを依頼されるときに、「感動の○○」とか「すばらしい△△」とか形容詞をつけて紹介文を作ってくださる場合があります。アマチュアなら愛嬌かなというくらいで気にもしません。しかし、プロの団体等であると、相手方の商行為の宣伝文(う〜ん斜めに見てるな〜)である以上、そのまま記載するのはちょっとね〜って思います。
    前記の形容詞のようなものは、実際に聴いてみないとわかりませんからね。(実際私自身で聴いてそう思えば、もう過剰なくらいな形容詞を使っちゃいましょう!!)ましてや、HPだけじゃ演奏の中身なんてわかりませんよね。
     

 '00.3.3


 トップページに掲載していた、肝臓移植を受けた人(一応高校の後輩らしい)への募金のお願い(というかお礼)もだいぶ時期が過ぎたので、掲示をやめました。しかし、一時期マスコミをにぎわした、脳死からの臓器移植が、定着するかと思ったところ、最近は音沙汰がありません。マスコミが騒ぐことで、一般の人達の意識が高まり、臓器提供意志表示カードを持つ人が増えるかと思ったのですが、日本人の熱しやすく冷めやすい国民性で、忘れ去られてしまったのか?それとも、マスコミや知識人が騒ぎすぎたこと、厚生省等による手続きの煩雑さのため、一般の人が敬遠してしまったり、医療機関がびびってしまった、とも考えられます。
 どちらにしても、外国へ行って高い金を払って、外国人の臓器をもらう・・・・やはり、正常ではないですね。
 それと、再度トップページに出した「薬物乱用防止」、本当はこのサイトでは音楽以外の色をあまり出さないほうがいいのでしょうが、現在の高校生あたりの薬物に対する考えの危険さや、北○鮮が外貨稼ぎのためか、国家ぐるみで覚せい剤等を密輸、それも日本をターゲットにして(ターゲットになるということは、それだけ需要があるということ)、という米国のレポート等を考えると、過去に仕事で担当したことがあるだけに、危機感を持って再度掲示します。


 '00.3.2


 旧オ○ムのソフト開発問題がニュースになっていました。確かに人件費が他に比べて桁違いに安い(というか基本的にただ?)というメリットがあることはわかるのですが、その方面の能力がある人材が多くいたということなのでしょうか?サリンの時も化学だの医学だのに秀でた人材が多く入信していたのですが、今もやっぱりそうなんですね・・・・・
 ただ、今回の場合、活動資金源としての問題はあるのですが、ソフトを作っていること自体に問題はないのではと思いました。しかし、防衛庁のシステムに進入口を作ってあっただの、データを不正に取り出していたということになれば、それはもう完全な違法行為です。(でも、本当にそこまでやっていたのだろうか??・・・・本当だとすると、やっぱりオ○ムはオ○ム)


 '00.3.1


 昨日に続いて、自作PCネタですが、AMRモデムがうまく動いてくれません。実際トーン信号やデータの発信は出来ているようなのですが、(相手先に電話は通じるのに)プロバイダ側のコンピュータから応答がないのです。どうしてなのでしょう?
 それと、現行マシンのフォントをそのまま自作マシンに載せてしまおうとしたのですが、一部のフォントがうまく移ってくれません。(; ;) モデムが使えなければ、HPの更新が出来ないし(メールとブラウザだけならはケーブル接続なので、LANが使えればOKでこちらは快適)、フォントが同一でないと、ポスター・チラシの作成が困ってしまう・・・・・なかなかうまくいかないものです。


 '00.2.28


へたくそな中身はこちら・・・・ 最近流行の自作PCなるものについに手を出してしまいました(禁断の・・・・)とはいっても、マニアの皆様のAthlon、Coppermineとか、3Dグラフィックとかいうのではありません。
 現在のメインマシンK6 233MHz/ 96MB/ HD4.3+8GB/Win95が、さすがに酷使に耐えかねてか、時々「不正な処理」をしてくれるのと、CD-Rを焼くと他の処理が出来なくなるので、少し、作業を肩代わりさせようという発想からなので、初めてということも勘案して、非常に簡単なスペックにしました。(でもこのくらいのスペックの激安PCよりも高くついてる(; ;) )
 Celeron 500MHz/Memory 128MB/HD 20GB/intel 810 Chip(グラフィック、サウンドオンボード)マザー/Win98 2nd Editionということで、自作経験のある方から見れば、ちゃんちゃらおかしいかと思います。旧98互換機(EPSON PC486GF)の置いてある場所に入れ替えるために、MicroATXのデスクトップ(通常はマイクロタワー)というケースを探し出しました。
 組立そのものは、参考書とマザーボードの取説が日本語だということなどもあり、大きな混乱もなくなんとか対応できました。(HDアクセスランプがつかなかったということもありましたが・・・・コネクタの付け間違い)。
 出来上がってみると、やはりK6 233MHzとCeleron 500MHzの速度差、IBMのHDの静かなことにびっくり、逆に冷却ファンと48倍速のCD-ROMドライブがうるさいこと・・・・、でもこちらがメインマシンになるまでには、いろいろと大変な作業がありそうです。
(一番恐いのは、これに味を占めて、2台目、3台目の自作に走ってしまいそうなこと・・・・・)


 '00.2.27


 御来場者(延べ)22,000人を昨晩突破しました!最近更新しているのはひとりごとコーナーくらいなのに、このところは1日40人超のペースで、本当にいいんでしょうか??と、恐縮しているところです。
 やはり、インターネット人口が急増しているということなのでしょうか?このサイトをスタートさせた頃は、一日10人アクセス(うち身内が半分)あれば大喜びといった状況だったかと思います。このように、インターネット人口が増加してきたということは、それだけインターネットで得られる情報が本物になりつつあるといったところなのかもしれません。
 自分でも先日家族で東京に行ったときに、事前に遊ぶ場所をインターネットで調べたり(おかげで行こうと思ったところが、改装中で休みだということが事前にわかったり)、仕事でも疑問点をインターネットで検索したり等々が出来るようになってきました。
 でも、まだまだ情報がとおりいっぺんのものが多いように思うのと、世の多くの人が情報を得るだけのために使って、ただで入手した情報でなんだか得した気分にひたってるだけという気がしないでもない・・・・・・。


 '00.2.25


 案の定というか、何というか、職場でWindows 2000 を発売当日昼休みに購入した人(職場から徒歩約5分でT-ZONEがあったりする悪環境・・)から聞いた話だと、Windows 2000をインストールしたところ、SCSI系のデバイスが壊滅状態だったとか・・・・でも、こういう人達は、この動かないのを色々やって動かすことに快感を覚えてるんだな、これが!
 世の中色々ありすぎて、定説のひげじいさんの事なんかすっかり忘れていましたが、ようやく逮捕されたようですね。ちょうどその日、職場にあった医学雑誌の医師の投稿文に、彼のことが書いてありました。「世の中に絶対正しいという物はない、どんなことも批評し、議論することが科学である。つまり「グル」というものは存在自体が科学的ではない。」のようなことだったと思います。
(逆に言えば科学的でないから「グル」なのかもしれませんけどね・・・・・。)
 つまり、科学にも絶対正しいことはない、科学に「タブー」はあり得ない。だとすると、先の原子力関連事故、連続する衛星打ち上げ失敗などについても、自分たちの技術を過信して、「危機管理(言葉が少々陳腐?)」がタブーになってしまい、本来必要な対策が見えなかったりした部分があったのではないかな?なんて素人考えに思います。(失敗しそうでしない、米国スペースシャトルからみると、特にね・・・。)


 '00.2.23


 Windows 2000が発売されましたね!(感嘆符をつけるべき事かな?!)MS社(というか販売店?)は柳の下のどじょう3匹目をめざして色々お祭り騒ぎもやったらしいけれど・・・・・
 MS社の政策的には、Windows3.1以来のしがらみを引きずるWindows98路線から、ユーザーを比較的堅牢なNTベースの2000に移行させようということも狙っているのだと思いますが、周辺機器、アプリケーションの対応状況が気にかかるところです。新聞報道ではバグがあったとか、MS社がメーカーにバグ情報を開示しなかったとか書かれています。(MS社のことだからそんなの日常茶飯事?)
 PC関連業界の経済効果(高速マシンへの買い換え、メモリ等周辺機器、対応アプリの販売増等々)を考えると必ずしも否定的なことを言えないのかもしれませんが、本来基本ソフトというのは空気のような物でなければならないと思います。Windowsのように大幅な改定が頻繁に起きて、そのたびごとにしばらくの間、安定性・互換性に問題が生ずるってのは信頼性のある基本ソフトといえるのでしょうか???
 PCマニアのようにPCをいじることが楽しみという人にはいいでしょうが、本来の業務で使用されているPCであれば、設定の変更やその変更に伴うリスクを考えると、基本ソフトの載せ換えなんてよほどのことがない限りできないと思います。(現にオフィス用マシンではWindows95搭載という新製品だってあります。)
 そう考えると、Windowsはまだまだ若いというか、マニア指向で実際の業務で使用されることをあまり重要視していないのかもしれませんね(そんなことはないに決まってますが・・・・・)。


 '00.2.18


 今シーズン初めてという感じの本格的な積雪です。真面目に雪かきをしたのは今シーズン初めてかもしれません。帰りの道が大渋滞で、バスに乗るまでに15分以上待たされ、乗ってから自宅まで1時間以上かかりました。
 そんな雪の日に、仕事とはいえ川の水を検査するために汲みに行ったのですが、真冬の川辺、水の冷たさって実際に体験した事ってなかったことに気がつきました。寒くってさっさと逃げてきましたが、冬の厳しさって感じでちょっと素敵な雰囲気でした。
(道路からすぐ降りられる河原くらいで、なに格好いいこと言ってんだろうね・・・まったく)


 '00.2.16


 今回(1.23)の演奏会御来場者のアンケートを読んでいたところ、いくつかの辛口批評がありました。辛口の批評をされること自体は、そのとおりの演奏をしていたので仕方がありませんが、私、人間が出来ていませんので、反論したくなってしまう部分はあります。(以下言いたい放題の反論です・・・・そういえばNHKの連続テレビドラマ「あすか」で相手役のはかせ君がヒロインに「自分のことをほめてくれる人間は良い人間に見えるものだ」と忠告していたことが気にかかる・・・・(^ ^; )

  1. マリンバでのアレンジ演奏は、所詮オリジナル編成による演奏を超えることはない。何でやる必要があるのか?

     確かに、少なくともクラシックの名曲に関する限り、作曲者が書いたとおりの編成での演奏(例えば、弦楽合奏とかパイプオルガンとかピアノ独奏とか・・・)を凌駕するアレンジというものはないと思います。
     しかし、それではアレンジという行為はあってはならないのか?ということです。例えば、吹奏楽におけるクラシックのアレンジ演奏の是非ですが、オーケストラ(特に大編成)というなかなか一般人(又は中高生)には関わり合いにくい編成での名曲を自ら体験(演奏・生鑑賞)できるということだけでも、大いに存在意義があると思います。
     これまた大いに異論があるでしょうが、バッハのトッカータとフーガニ短調が世にあれほど有名になったのは、ストコフスキー(だったっけ?)のオーケストラ編曲があったからではないかと思います。ましてや、パイプオルガンの生演奏なんて一生聴く機会がない人だっているはずです。・・・・・それに、我々はいつもは打楽器アンサンブルのオリジナル曲ばかりやってるんですよね、一回くらいアレンジだけの時があってもいいんじゃないですか、そうでないと今回のコンサートの企画自体が否定されてしまう・・・・・まぁ、ああいえばこういう管理人?!

  2. (私どもの演奏がひどかったことを指摘した上で)あなた達は太鼓が専門のようだがマリンバは打楽器のように見えるが、他の打楽器とは全く別物なんですよ(匿名の音楽教師様)

     確かにごもっともです。確かな耳を持った方には聴くに絶えない部分の多い演奏でしたからね。しかし、他の打楽器とマリンバが違うという発想は???です。
    我々(私だけ?)太鼓系の打楽器奏者のマリンバへのアプローチは、マリンバを専門に勉強・練習している人達から見れば、邪道・稚拙でしょう。でも数多くある打楽器全てにそれぞれの奏法・解釈等々があると思います。マリンバだってその一つです。確かに技術的に難しい楽器ではあるけれど、それだけ特別とは思いません(全然出来ないくせに・・・・(; ;) )
     ご意見いただいた方は、旋律の歌い方とか、ミスタッチが全体に与える影響の大きさ等々が他の打楽器と違うとおっしゃったのかとも思いますが、逆に太鼓系のリズムが取れないようでは、打楽器アンサンブル曲に出てくるマリンバパートまたは打楽器アンサンブル系のマリンバアンサンブルなんか出来るわけないことも事実でしょう(オンファロ・セントリック・レクチャーとか・・・)、そう考えると他の打楽器と全然別物なんて事ないと思うんですけどね。(なにより、匿名とされるのであるならば、音楽教師という部分も隠してくださいよ、「私はあなた達よりよくわかってるんですから、色々教えてあげましょう」的に感じます・・・・・・・とは言ったものの、有料でやるコンサートですから、酷評されても仕方ないですね・・・ごめんなさい)

  
 '00.2.13


 国産ロケットの打ち上げ失敗、相次ぐ警察の捜査ミス等々が報道されています。
 前者はH2ロケット失敗や、東海村JCO事故等を含めて科学技術庁関連はもうボロボロって感じですし、警察は現在の一連の事件でのミス、不祥事の他に、ちょうど15年前のグリコ森永事件の時効の時期も偶然とはいえ重なってしまっています。一生懸命やっている人達を責めるつもりはありませんが、なんとかしなければいけませんよね・・・・・・
 と、書いたところで思ったのですが、グリコ森永事件は青酸ソーダ、一昨年の須坂事件は青酸カリ、どうもシアンがらみの事件は、迷宮入りって事になってしまうのでしょうか・・・・・、それでは困ります。

 '00.2.11


 次回演奏会7月1日の基本構想(なんてかっこいいもんじゃないですが・・・(^ ^; )が、出来つつあります。我々とすれば、20世紀最後の演奏会ですから、20世紀を代表する打楽器音楽を!と、大それた事を考えていますが、はたしてどんな曲が選ばれる事やら・・・・。(チャベス、ハリソン、ゴーガー等々の作品が候補に挙がってきています。)
 概要が見えてきたら、掲示しますのでお楽しみに!

 '00.2.8


 日曜朝のニュースショーなどでも当然取り上げられていましたが、京都の小学生殺害事件、埼玉のストーカー殺人事件、新潟の女児拉致監禁事件と、続けざまに社会常識や被害者の人権無視(というより人間と思ってない)はなはだしい事件が続いています。
 特に、京都と埼玉の事件は、犯人(いや一方は重要参考人でもう一方は別件で指名手配になっただけか・・・)が自殺するという結末が共通しています。自殺という行為そのものを色々言える立場にはありませんが、もし、自殺した2人がそれぞれ犯人であるならば、その行為は殺人事件と同じくらい許されるべき事ではないと思われます。本来であれば、それ相応の社会的制裁を受け、被害者の遺族に償っていかなければならない立場にありながら、自殺という究極の手段で逃げたとしか言えないのではないでしょうか?2件目の殺人事件を起こしたに等しい行為なのではと思います。
 だいたい、全く関係がなく、かつ抵抗・反撃される恐れのない小学生を狙ったり、交際を断られたくらいで、ストーカー行為や相手の家族まで巻き込む名誉毀損、最後には殺人依頼・・・・・どうなっちゃってるんでしょうね。
 でも前にも書いたけれど、ストーカー殺人の時は報道の方法などもあり、ストーカーされる方にも問題があるのでは、とか、新潟の拉致監禁事件では、女児は風呂やトイレはどうしてたのか?とか、私たち一般人はこういった余計なことに興味を持ってしまうんですよね・・・でもそれは思ってるだけにしましょうよ・・・ワイドショーとかが取り上げて、需要があるから報道するとかいう勝手な理由をつけるから・・・これだって被害者の人権無視ということでは同じですよね。

 '00.2.6


 1998長野オリンピックから2年、今日明日と長野市内では関連イベントが開かれています。2年前の感動を懐かしむ市民でにぎわっているようですが、イベント規模としては昨年に比べてかなり地味なように感じます。当然もうNAOCもないですし、行政機関も予算はどんどん減らす一方でしょうし、オリンピック時にスポンサー以外の企業には厳しい規制をかけまくったオリンピックですから、いまさら民間企業に金を出せとも言いにくいでしょうし・・・・・。後は市民が自発的にやって行くしかないのでは・・・・と感じます。そういう意味では、地味目な方が長続きするのかな?と思ったりもします。
 それにしても、商業五輪の跡というのは、本当に焼け野原というか、オリンピックの痕跡がほとんど残らないといった感じで、オリンピックからもう何年も経ったように思えます。(自分の中では感動は薄らいではいないのですけれどね・・・)

 '00.2.5


 久々に(というか今シーズン初めて)スキーに行って来ました。ここ数シーズンは、演奏会がちょうどスキーシーズンとかち合ったり、風邪をひくことが多かったり、スキー場に行っても子供のそりの相手だったりで、ほとんどリフトに乗ったこともありませんでしたが、今回はとりあえず、娘もゲレンデにほおっておいても大丈夫だったので(スキーを履いて転んでもとりあえず、自分で立てるということと、やっと滑るくらいなだらかなゲレンデでは、なんとか滑り(ずり落ち?)少々曲がれたようなので)、数回一人でリフトにも乗ってきました。
 ゲレンデが緩斜面だったことと、こぶがなくかつ平日であまり混んでいなかったこともあり、それなりに滑れたような爽快感がありました。(エッジが錆びてて、茶色いシュプールを描いていたとか・・・10年以上前のスキーウェアだとか・・・ほんの数回でもかなり疲れたとか・・・(; ;) )
 次回は娘をつれてリフトに乗れたらと思っています。が、下の子達も一緒に行けばやっぱりそりなので、自分の好きなように滑ることは、まだまだ出来そうにありません。
 ちなみに、今日が子供の寒中休み(長野の小学校にはこの時期ほんの数日間の休みがあります)の最終日だったので、少しはサービスしなければと、今年初めての休暇をとって、娘と1つ上の甥っ子をつれて行ったわけです。
 親ばかついでに、今日夕方子供達と豆まきをしましたが、一番下の子がどういうわけかのってきません。様子を見ていると、2日前保育園でやった豆まき(節分会(せつぶんえ))に鬼(の扮装をした男の先生と保護者)が出て来て大泣きしたので、家でも豆まきをすると本当に鬼が出てくると思って怖がっていたようです。

 '00.2.3


 ↓の続きですが、たかがHPの書き換えであっても、これは立派なサイバーテロだと思います。断固たる措置が必要かと思います。某官房長官のように、騒げばますます助長する・・・みたいな対応ではダメだと思います。
 インターネットは規制のかかりにくい、何をやってもわからない(わかりにくい?)世界ではあります。だからこそ、自己責任において楽しみ、モラルを持って自らを律する態度が絶対に必要です!ちょっとくらい知識があるからって、それを破壊活動に使うなんて言語道断です!ましてや、かりにも他国の(もしかしたら、自国かもしれないけれど・・・・)公のものをアンフェアな手段で破壊することは、テロ以外のなにものでもないでしょう。(主張すべき事があれば、インターネットをフェアに利用して主張すればいいじゃないですか。)

 '00.2.2(西暦888年8月28日以来の偶数だけでできた年月日だと聞いてびっくり!)


古いログ新しいログ