古いログ 新しいログ


 長野県S町の交番の警察官が、制止を無視し暴走をやめないバイクの少年に対して、顔面に拳銃を突きつけたという問題で、懲戒免職になった。しかし、日頃のその警官の仕事ぶりやバイクの少年の無法ぶり等から、嘆願書に1万余名の署名が集まり、刑事訴追は免れた(起訴猶予処分)ということがあります。
 女房の実家のすぐそばで、時々その交番の前は通ることがあるのと、一度は道路の清掃をしている警察官にあいさつされたこともあり、身近に感じているところです。
 ところで、今回の問題ですが、いくつか気になる点があります。まず第一点は、結果的に周辺地域の平穏な生活環境維持のためになったことなので、警察内部でも評価される部分はあると思うのですが、「昨今の警察不祥事の頻発に鑑み、特に厳正に処分した。」という部分はなかったのかどうか、つまり、通常であるならば、懲戒免職まで行かなかったのでは・・・・というところです。
 第二点は、バイク少年の無法ぶりなども、少年漫画等に出てくるものと似たところがありますが、警官本人もたとえぶち切れたくなるくらいな状況であったとしても、拳銃を顔面に突きつけるなんてところは、漫画とかドラマの影響が潜在的にあったのでは?ということ、つまり、バイク少年と根が同じなのでは・・・という疑問。
 第三点は、たとえ、政権政党や県議会が色々言ったり、嘆願署名が多く集まったからと言って、検察が多くの事実を公にすることなく、起訴猶予にした点、法律というのはそんなに酌量の余地があるのか?ということ。
 今回の事例は、それぞれの組織がきちんとした理念を持って厳正に対応したならば、警察側は何らかの処分はしたであろうが、住民のためになることをした警官を懲戒免職にまですることはないはずで、一方検察は法に照らして、きちんと訴追したはずなのでは?と思います。
 結局どちらの組織も、自信がなく、まわりばかり上目遣いに見ているって感じなのでしょうか?


  '00.5.31


 ヒ素保険金殺人の林某が、針金を飲んだとかいう報道がありました。これについての真説(?)です。ご存知のとおりアイスクリーム大好きの林某は非常に良い体格をしていましたが、拘置所の食生活(?)で急にスリムになったとか・・・・・。それで、貧血になってしまい、鉄が欠乏したので、針金を飲んだらしい・・・・・・なわけないか。
 話は全然違いますが、ア○キー社が発行している、(厳選)日本のホームページ10万(うろ覚えです)という電話帳のようなURL集の本が出ています。年数回刊行されているのですが、いままで当HPが出ていないので(ここよりアクセス数が圧倒的に少ないようなところが出ていたりして)悔しい思いをしていましたが、今回刊行の本には〜音楽〜楽器〜打楽器の分類に、当HPのURLが掲載されていました!が、その見出しは、どういうわけか、管理人私の個人名・・・・・なんで!どうして!・・・・・(; ;)
 ちなみに、同じ分類には、仙台パーカッショングループ、PPN(Percussion Players Network)などはちゃんとグループ名で載っていました。(抗議したい!)


  '00.5.29


 森総理大臣の「神の国」発言とそれに対する野党の対応と総理周辺の処理の仕方、そして故小渕総理大臣の次女の衆院選出馬・・・・・
 衆議院選挙が近づいてきているのに、全く政策を競うということがどこにも見られません。ただ、自分の失態をとりつくろう、相手のミスをつつく、義理人情に訴える・・・・そんなことばかり+小選挙区となると、選挙に行きたくなくなるばかりです・・・・・なんてことは口が裂けても言えません。(言ってませんよ、書いてるだけ・・)
 ところで、「神の国」については、総理の釈明会見でいろいろこねくり回していたようですが、あれはなぁ〜??ってところです。たしかに昔のこの国は、全てのものに神が宿り、その神を畏れ(恐れではない)=自然も物も大切にするという、民間信仰(信仰なんてレベルではないか??)があり、今の日本人はそれを忘れ去ってしまっている。それには同意できます。が、総理のスタンスは、決してそうではなく、「神の国」=神武天皇以来の万世一系の現人神:天皇の国であろうと思います。
 そういう、考え方を持つ人がいても別にそれはそれなのでしょうが、この選挙の前にそういうことを言うということは、1)とてもそのことを強く思っている。2)とても正直な人間である。3)単なるバ○である。のどれなんでしょうね???


  '00.5.28


 女性蔑視な発言ととらえられては困るのですが、対「(いわゆる)おばさんドライバー」三連発がありました・・・(; ;)

  1. クランクになっている道路で、思いっきり内回り(一番短絡コース取りor ハンドル切るのが一番少ない??)の対向車と危うく接触しそうになった。以前にも自転車で信号待ちで止まっていたところ、内回りで右折してきた車に引っかけられそうになった(2回ともおばさんドライバー)。
  2. 職場の駐車場内を通行中、バックで駐車スペースから出ようとした車(おばさんドライバー)に、こちらの車の側面に危うくつっこまれるところだった。
  3. こちらが優先道路の交差点を右折しようとしたところ、曲がる先の道路(一時停止の赤信号の点滅あり)の車が停止線を大きく越えて止まり、右折できないので、「先に行け!」と手で指示したところ、思いっきりにらまれた・・・・(やっぱり・・おばさん・・・・赤の点滅は一時停止ってこと知らないの?)

以上この一週間の出来事(特に2,3は今日のこと)でした。女性だからとかおばさんだからってことはないはずなのですが、共通することは「周辺の状況を考えない自己中心的な運転」ってところだと思います。
 自己中心的という面では、若い男性の運転もその傾向は強くあります。とくに「運転者は強者である」という印象の運転をする人が多いですね。僕は自転車に乗るとき、交差点等で曲がり込んでくる自動車の運転手が若い男性の時は突っ込まないようにしています(こっちが直進でも鼻先を無理に通られてついでににらまれました。つい、にらみ返してしまったので、その後おそわれたりしないかと、冷や冷やでした。)。
 ところで、僕のようなおじさんドライバーはっていうと、ここ数日のように急に暑くなり、薄着になったり、短めのスカートでさっそうと自転車に乗る女性を横目で(まじまじと??)見たりしてるので、わき見運転が非常に危険です(って僕だけかい (^ ^;  )


  '00.5.26


 携帯電話の「番号非通知設定」というのがあります。DoCoMoの機種などは購入時は非通知設定になっているものが多いようなので、知らずにそのまま使っているのはしょうがないですが、あえて非通知を選択している人も若干見かけられるようです。
 でも、非通知の人から電話をもらった場合、受け取った方の印象ってどうなんでしょうね。確かに無関係の第三者にプライベートデータが漏出することは、今の時代危険なことも多いのですけれど、逆に言えば、非通知設定の電話を使えば、プライベートデータを公開している人に意図的な攻撃もかけられるということになります(非通知設定は受けないという設定もあるけれど・・・)。何より受け取った側が、非通知設定の人に「あんたのことは、信用していないからね!」と言われているようなものです。

  '00.5.22


 諸般の事情により一部シート変更となり、それに伴いVn.協奏曲の指揮を芸大指揮科在学中の人にお願いすることとなりました。ソリストもプロ、指揮者もプロの卵と言うことで、緊張が走りますが・・・・がんばらないとと思います。その曲で使う空き缶の楽器や振り子時計の鐘代わりの鉄杭(それなりの音が出るんですよこれが・・・・)のセットが出来ました!その他洗濯ダライだの、恒例のブレーキドラムなどなど、本当にVn.協奏曲なのでしょうかといった楽器が勢揃いです・・・・・・。

  '00.5.22


 どこでもそうなのかもしれませんが、我が街では中心市街地の空洞化と相まって、中心部の小学校の統合計画が進んでいます。別に我が家が中心市街地ではないのですが、かなり古い住宅地ということで、児童数が減少しており、次の統合計画のまな板に載ってきたようです。が、統合対象となる他方の小学校が、隣接とはいえ全く文化圏が別の地区になります。ましてやそちらが存続校となると、わが子達は従来の4〜5倍の距離を通学しなければならないことになります。
 そして、廃止校の跡地利用の重要度が統合計画の大きなポイントでもあるようです。立場上色々言えない(十分言っている?)のですが、あくまで、児童の教育という観点を踏み外すことなく対応してもらいたいものです。ましてや、商工・観光面で、善光寺近くに大きな利用可能地ができる!ということが最終目標であるような計画であったら言語道断です。

  '00.5.21


 佐賀の高速バスジャック少年のことがいろいろと報道されていますが、インターネットをやり始めてから特に悪化していったようなことが言われています。
 しばらく前の某国からの(って勝手に決めてはいけないか?)官庁HPへのサイバーテロ、I LOVE YOUウィルス、かなり前の毒物ネット販売による自殺、そしてバスジャック・・・・どうも暗部ばかりが目立ってしまいますね。

  '00.5.18


 仕事がらみの、研究発表会での発表を申し込んでしまいました(って研究といえるような大それたことは全くやっていない・・・・・)。1年分析機器と格闘して、磁気媒体にたまった数値をとりあえずこねくり回して見ようかと思ったりしています。
 というより、MS社の(悪口言いまくりの)Office 2000 Platinumの正規ユーザーであるのに、全くまだPower Pointというやつを使ったことがないので、試しに使ってみたかっただけとも言います(^ ^; 。
 とはいうものの、PCをつなげるプロジェクターがあるわけでもないので、OHPのシートを作るのが関の山ですが・・・・・・。

  '00.5.16


 小渕前首相が亡くなりました・・・・。故人に対して色々言うことは失礼かもしれませんけれど、政治手法は優れたものを持っていたのかもしれませんが、政治理念についてはどうだったのでしょうか?数と力で進める政治(55年体制当時の自民党のやり方?)を復活させるため、あんなに批判していた○○学会と連携するという、一般人にとって政治とは魑魅魍魎の世界?とますます思わせてくれたようにも思います。
 ご本人のことを思えば、あそこまで私の時間をとらずに、公職に尽くしたと称えるべきなのでしょうが、「ゆとり・心の豊かさ」を感じさせる社会を作るはずの行政のトップが、自ら「ゆとり」を持たずに「過労死(労災認定できそうな)」になってしまったということに、日本の「ゆとり」の底の浅さを感じます。
 順天堂医院の医師団が、前首相死亡後記者会見をしました。本来であれば、リアルタイムに公表すべきことを「ご家族の心情」などという言葉で、伏せ通したことに、きわめて強い違和感を感じます。一刻の首相の去就にかかる重要な判断が「ご家族の心情」という言葉で、公開されなかったわけですが、この「家族の心情」も隠れ蓑で、政治家(屋?)達の駆け引きに使われていたと言うことが正解なのでしょうか。
 そして、来る総選挙では、前総理の死が政権政党の切り札として、またまた政治家達の駆け引きに使われるわけです。(その間に、政治家の理念みたいなものが全然出てこないのに困惑します。)

  '00.5.14


 今日はこどもがらみで色々と忙しかった一日でした。
 まずは、下二人が通っている仏教系の保育園で、「お釈迦様の誕生日仏生会」に合わせた「おはなまつり」でお釈迦様に甘茶をかけたり、白い象を引っ張ったりするというイベントがありました。当然仏教系ですから、和尚さま方が「般若心経」を読んだり、善光寺の大僧正や上人様という通常ではそう簡単に合うことの出来ない偉い方が、こどもにやさしく語りかけてくれるという、一般の方々には遭遇できないチャンスが毎回あります。しかし、保護者達は、自分のこどものビデオや写真を撮るのに忙しくってそれどころではありません。(別に信仰心を強制しようとか言うのではないのですけどね。)
 もう一つは、長女のマーチングバンドの講習会の送り迎えをして、終わりのわずかな時間、全日本マーチングバンド連盟(?)だかなんだかの有名な講師先生の講習方法を聞きました。が、他の県を比較に出して、「あの県のあの地域の学校はうまい・レベルが高い」とか・・・・・・あまり詳しく書きたくはありませんが、小学生相手にうまいだ・レベルが高いだというレベル(??)で指導していただくのは、音楽というものに親しむべき若い素養を、音楽とは、演奏レベルが高いか低いかというレベルで決まるというような耳に固定してしまう危険はないのでしょうかと、余計なことを考えてしまいました。
 いい音を出そう、いい音楽を作ろうということは、あの学校はうまいとか、レベルが高いとか、そういう発想とはニュアンスが違うと思うのですけれど、今は小学校からコンクールとかで上位に入ることがいい音楽を作ることになっているのでしょうか。というか、指導者達がそう考えているような・・・・・(中学以降はいやでもそうなるのだから、小学校のうち位、そういう順位をつけるような音楽をやってほしくはないのです。)

  '00.5.13


 MS社の分割問題に対して、当のMS社から分割案への対抗案が示されたと、新聞に書いてありました。
その内容を詳細に見ているわけではありませんが、

 読んでみて気がついたのですが、じゃあ今まではそうじゃなかったってことですか???、そうじゃないってことはOSメーカーたるMS社が、アプリケーションメーカーとしての競合他社を制限してきたってことですよね。自らがそれを認めたってことです!。
 いままで、強者の論理で、他社を不当に排除して、弱体化させた後、今になってIEを削除して他の製品を載せることを認めたって、もう、競合他社そのものがないわけですから、(NetscapeはAOLに吸収されたんですよね)IEを削除して販売するPCメーカーがあるわけはないでしょう。
 また、今までよく疑われてきた、ウィンドウズの隠し機能(公開されていない情報)をMSのオフィス製品が使ったり、他社より先に開発用のソフトを使えるため、明らかに他社より製品開発がはやく、かつ、高性能であるっていうことが、本当だったということになります。(製品が高機能・高性能であることは認めます。)
 最後に、MS社の主張する、企業分割は「消費者に不利益を与える」については、MS社のオフィス製品が競合他社の何倍も高いこと(もう競合他社なんてないようなものだけど)、蓮の葉社のオフィスなんて数千円で買えるのに、MSオフィスはプロフェッショナルだと何万円もしますよね、それが消費者に対する不利益ではないのでしょうか?(独占にあぐらをかいた利益追求ではないのですか?)
 訴訟関連のMS社の主張は、巨大なコンピュータ市場を人質に取っての「我田引水」な理論で、「俺達を叩けば困るのは市場(=おまえら)だ!」と聞こえます。

  '00.5.11


 法の華三法行の福永某が逮捕された!ということで、マスコミがにぎわっています。別に宗教で金を使っても、本人達がそれで良ければいいじゃない・・・・って思わないわけでもないのですが、病気の人に「もっと病気が悪くなるとか、ガンになるとか」脅しをかけて、藁をもつかもうという人たちを、あり地獄に引きずり込むようなやり方はひどすぎます。宗教家(もともとそうじゃなかったか)にあるまじき行為だとしか言いようがありません。
オ○ム(ア何とかに改称)と全く変わりがありません。というか、不幸な状態に陥った人の所に押しかけて、入信しないと不幸になるとか地獄に堕ちる(とは言わないか?)と脅して、入信した人からは、色々な名目でお金を取るってやりかたは、それ以前にそのノウハウを作り上げた団体がありますよね・・・・。
 このように、善良な市民にとって見ると「宗教って怖い」という意識がますます強くなる一方です。
 ただでさえ世界有数の無信心民族がますます宗教恐怖症になってしまうようです。
 なんだか、今の政治家達を見ていて、ますます政治が嫌い・無関心になっていくのと根が同じようにも思います。

  '00.5.9


 新種ウィルス「LOVE LETTER」が大騒ぎになっていますね。MS社のVisual Basic Scriptで出来ている添付ファイルを開くと、PC内のマルチメディア系のファイル等々を破壊したり、同じくMS社のOutlook Expressのアドレス帳に記載してあるアドレスにウィルスを伝播するとか・・・・。
 I LOVE YOUという標題でこころをくすぐって・・・・とかいいますが、逆に日本人だとそんなメールが来ると、疑ってかかってしまうような気がします(アダルト系のダイレクトメール?)。逆にそのウィルスの亜種に「母の日のプレゼントを・・・」といった標題のものがあるらしいですが、こちらの方が引っかかりそうです。
 ところで、このウィルスに対する一連のマスコミ報道で、全世界4千5百万台余のPCに被害?といったものがありますが、ウィルス駆除ソフト会社のサイトでは4千5百万というのは感染したファイル数でPCの数はもっとずっと少なかったようですよ。
 今回のウィルスはMS社の基盤で発生しているので、MacやLinuxは関係ないんですよね?

  '00.5.6


 Adobe Acrobat(pdf形式)による、過去の演奏会のチラシ原稿の掲載がだいぶ進んできました。
当初は、グラフィックの重なりなどの処理で不当にファイルサイズが大きくなったり、表示に異様に時間がかかる状態などもありましたが、印刷以前にグラフィックを重ねて1つの絵にしてしまったり、解像度・色数を下げるなどの処理により、とりあえず200〜400KB程度には落ち着いてきました。(それでも大きい?)
 問題は色調がなかなか思ったようにならないという点ですが、また研究(そんな大それた?)していきたいと思っています。
 とはいうものの、過去のチラシ原稿なんて、誰が閲覧するのでしょうかね?(まあ、自分のファイル整理だと思ってれば、正解かもね・・・)

  '00.5.5


 GW真っ最中に西鉄のバスジャック殺人事件・・・・。
 17歳の少年は病院から一時帰宅のわずかな間に犯行に及んだということですが、通常なら、入院している家族が一時帰宅するということであるならば、自宅で十分状況を把握できるようにということなのに、家では彼を関知することさえ出来ないような状況だったのでしょうか?夜のPAで母親が自分では説得する自信がないということで、直接接しなかった・・・という報道で、状況をわずかながら推測できるような気もします。
 自分でも数年前高速バスを通勤手段に使っていたので、なんだか他人事とは思えませんでした。
 暗い話ばかりでは何なので、GWの家族サービス(?というかサービスしてもらったのか??)典型的な「安近短」で県内の行楽地に行って来ました。「満開の菜の花畑」、各種体験(紙すき、そば打ち、アイスクリームづくり)等々短い割には楽しめましたよ。


  '00.5.4


 GW真っ最中ですが、とりあえずカレンダーどおりの出勤です。後半は5連休があるけれど、少々の家族サービスと・・・・(後は何をしよう・・・・をい!練習は!???)
 来る5月5日は当然こどもの日ですが、我が家の末っ子の3歳の誕生日でもあり、今日職場帰りにプレゼントを買って来ました。ところが、真ん中の子(5歳)が買ってくることを察知していて、帰るなり見つかってしまい、しっかり誕生日前に開封されてしまいました。
 そのプレゼントは、ゴレンジャー以来営々と続いている5人(色)のヒーローと巨大ロボのアクション物(今は「タイムレンジャー」)の合体ロボ(5台の飛行機が2種のロボットと1種の飛行機に変形合体する)です。 本当は下の子のですが、真ん中のが組立て方を教えてあげると言って、自分で遊んでます。が、それにしても、TVで数回見ただけで、ちゃんと組み立てられるってところがすごいです!父親の私が(決して機械音痴でないつもりですが・・・・)説明書をみながらオロオロと言った状態でした・・・・・(; ;)

  '00.5.2(桜は散りましたが、街路樹の花水木が咲き始めました)


 前々からAdobeのAcrobat(Readerは無償で使えるけれど・・・)を使ってみたいと思っていたのですが、同社の製品はどれも高価なものが多いので、手を出せずにいました。
 が、何を勘違いしたのか、勢いでDTPソフトのPageMakerというやつを手に入れてしまい、その中にAcrobatのサブセット(?なのかな?)がバンドルされていたので、早速使ってみました。Corel Drawで作った1枚もののチラシなどは、それなりにPDFファイルになるようです。ただ、問題はファイルサイズがばかでかくなるのがあるので・・・・それが問題だ・・・・・。今までの演奏会のチラシの一部をPDFファイルでHPにアップロードしてみましたが、ファイルサイズが大きいので、気をつけてくださいね。 m(_ _)m
 ただ、肝心のPageMakerはまだ使ってみてないけれど、今回のコンサートのパンフレット(プログラム)の作成までには間に合うだろうか・・・・・少々不安です。

  '00.4.29


 アメリカ司法省のマイクロソフト分割案という報道がなされています。
 OS(基本ソフト)部門とアプリケーション部門を分割するばかりでなく、OSについても別会社で競争させるような内容で報道されています。それに対してマイクロソフトは分割案は「業界のためにもユーザーのためにもならない」と拒否の姿勢であるとか・・・・・
 たしかに、マイクロソフトが言うように、現在の「コンピュータ=IBMPC互換機+Windows(Mac使いの人ごめんなさい!)」という図式が成り立つ方が、楽であり、かつ、便利である部分も多いと思います。が、すべてがマイクロソフト(=特定の国の、一私企業)というのでは色々な意味で危険すぎます。
 米国の強い経済の牽引役であるマイクロソフトを引きずり降ろすことになりかねない、今回の分割案に対して、連邦政府やクリントン大統領が異議を唱えないのは、案外、世界で一番強いはずのアメリカという国家よりも、マイクロソフトが強くなるのでは?、という懸念を持ったから・・・・というのは考えすぎでしょうか??

  '00.4.26


 仕事の関係で市内の周辺にある高原のいくつかの湖沼へ行く機会がありました。観光シーズンでもなく、また観光化されていないところもあり、静寂の中に小鳥のさえずりが聞こえたり、また、季節柄湖水の透明度も高く、とても素敵な環境です、が、宅地化(最近はほとんど別荘のような(ログハウスとかの)自宅が増えていたりして・・・)がそのすぐそばまで進行しています。50mも歩けばミズバショウの群生がある湿地帯のそばを造成していたり・・・・。自然環境豊かなところで生活をすることは、確かに素敵ですが、生活による負荷を自然に与えることにより、自らがその自然環境を破壊する立場になっているのでは??と感じてしまいます。
 と、難しいことも考えましたが、歩いた先々は、まだ山菜の季節には少々早かったようで、花になったふきのとうくらいしかありませんでした。高原は花の季節には早かったのですが、山を下るに従って華やかになり、我が家にほど近い山裾は、ちょうど桜の最盛期で、とても素敵な桜のトンネルの中をドライブしてきました。
 が、気持ちが良かったのはそれまでで、職場に戻ると、突発事故があったとのことで、その調査で残業になってしまいました・・・・。

  '00.4.25


 森総理が、日曜以外の投票日の設定を考えているようですが、確かに週休2日になっている職場は多いし、場合によれば平日の方が投票率は高いかもしれない・・・・・とは思います。
 しかし、問題がいくつかあります。まず投票所のこと。現在だいたいは地域で人が集まりやすく広い場所、ということで学校・保育園等の体育館が当てられている例が多いのですが、学校はともかく、保育園は土曜日でも営業(?)中です。(ちなみに私の公務で担当する場所は保育園・・・)
 そして、投票曜日を変えたり、投票時間を延長したりするより、投票に行きたくなるような、素敵な候補やのめり込みたくなるような政治を今の政治家の皆さんにやっていただきたい!なにより、米国の大統領予備選とか他の国の大統領選挙のように住民が熱狂するような政治って、今の日本のそれと対極にあるように思えます。(ヒトラーとかのカリスマが現れることへのアレルギーなのだろうか・・・)

  '00.4.24


 サントリーの元重役(?)が元部下に射殺されたという事件のレポートをニュースショー番組でやっていました。「上司に自分の人生を変えられたから今度は自分が変えてやる」とのこと・・・・。
 人事異動が自分の意図しない方向だったことを「人生を変えられた」と思い込む。なんだか変ですよね。
仕事に打ち込むってことは大切なことには違いないけれど、仕事が人生のすべてになってしまうのはどうなのでしょうか・・・・・・。(仕事以外のことばかりやっている自分に色々言う資格はないかな (^ ^; )
 今回の事件もそうなのですが、女子高生をストーカー殺人したやつとか、同じく桶川のストーカー殺人事件とか、京都の小学生殺人とか、自分のうまくいかないことを、誰かのせいにして、殺人まで犯す。おもちゃ売場で買ってもらえずに、床の上でじたばた泣き叫んでいるガキよりもレベルが低い人(いやヒト以下だ)が多すぎます。

  '00.4.22


 第15回の演奏会が7月1日に予定されており、そのコンサートに向けて練習が進められています。(間に合うかどうかは???状態ですけれど・・・)
 コンサートのポスターやチラシの原稿になる図案なのですが、毎度のことながら枯渇した脳味噌を絞りながら、何とか形になってきました。(こちらを参照
 こどもには怖い!と言われ、発想は安直で(阿吽「あうん」という曲があるので、阿吽といえば仁王像)、どうもひんしゅくを買いそうなデザインかなぁ・・・・・。

  '00.4.20


 久しぶりに時間つぶしで、地元のレコード店に入って適当に眺めていたら、学生時代FMで聴いて好きだった曲のCD(LPの復刻版で演奏・録音もそのFMで放送したものと同じもの)が並んでいました。当然すぐにレジに走っていました。
 家に帰って聴いてみましたが、○十年前の記憶ってなかなかなものです。曲の進行に先回りして、メロディーが頭の中に浮かんできます。
 ビゼー作曲 組曲「ローマ」、あまり知られていない曲ですから、多分名曲というランクには入っていない曲なのでしょうが・・・。

  '00.4.19


 ようやく長野も春本番!数日続いた寒さも和らぎ、桜の花が咲き始めました!梅、あんず、こぶし(?もくれん??)等々一斉に咲いてます。なんだか気持ちも春めいてきます。
 しかし、今日仕事で近くの高原まであがってみると、日陰には残雪、ようやくつくしとふきのとう・・・・・山菜の季節はまだ先です。ついでに山道の両側は杉林で花粉を思いっきりつけた木々が並んでいました (; ;)

  '00.4.18


 DVD関連でいろいろと物議を醸している「P○2」ですが、今度は「通常兵器関連汎用品」に該当するということで、輸出には規制がかかるとか・・・・という記事が出ていました。
 詳細についてはよく分からないのですけれど、純国産(?)の技術が世界を席巻しようとしていることへのブレーキになることは、多少なりともあると思います。当然MS社の×−B○×(伏せ字になってない?・・・いいえ:○=まる、×=ばつ:なんですよ!)も当然P○2と同等以上の技術をつぎ込んでくるでしょうが、それにたいして米国政府は同様な規制をかけるのでしょうか???
 米国の技術は良くて、日本の技術は、国際防衛政策上良くないからと米国の圧力により(米国へのご機嫌取りで)、日本政府が自ら規制するなんていう展開になるのじゃないでしょうね。
(見当違いな取り越し苦労であってほしい・・・・・。)

  '00.4.16


 ようやく市内の南の方や、日当たりのいい場所の桜がちらほら咲き始めました。今日はまとまった雨が降りましたが、まだつぼみで良かったようです。ただ桜の基準木は、気象台にあるので、そこは市内でも少々北部だったり、若干高台だったりすることから、開花宣言は出ていないようです(我が家の近く・・・)そのため、実際の市内より、予報・開花宣言の方が若干遅いという印象です。
 それでも気象台の近くの(というか善光寺の)桜のつぼみも、日に日に膨らんで、遠くから見ても若干赤みがかった来たようです。
 話は変わりますが、15回目のコンサートの練習もそれなりにはじまっていますが、チラシやポスターの図案が全然浮かんできません・・・・(; ;) いよいよアイディアが枯渇してきたのか・・・・危機です!

  '00.4.15


 都会の方々には信じられないでしょうが、長野はまだ桜は咲いていません。我が家の近所の善光寺周辺では、ようやくつぼみがふくらんできたかな?といったところです。花がほころびはじめるのはもう少々先になりそうです。そして、今は梅が満開です。長野では、梅と桜のタイムラグがほとんどないのです。
 そんなに雪国って訳でもありませんが、いかにも一斉に春が来たぞ〜〜!!っていうちょっと素敵な感じです。(花粉症さえなければ・・・・・我が家の5歳の子も花粉症になってしまった)
 こんな素敵な季節なのに、水質汚濁事故(??廃液の不法投棄??)調査が飛び込んできて、歓迎会がぽしゃってしまいました  (; ;)

  '00.4.13


 本当に、ただのひとりごとですが・・・・・・。「花粉症」がつらいです・・・・・・・(; ;)
 いつまで続くのでしょうか・・・・・(シーズンが過ぎてしまえば、何事もなかったようになるのですけれど・・・・)、特に今年はだめです。

  '00.4.11


 予定どおり、天気も良かったので長野オリンピック記念長野マラソンを観戦してきました。電車と徒歩で千曲川の堤防道路(20数キロ地点)まで行き、先頭の選手が通過してから約1時間30分の間、世界第一線級〜国内クラス〜市民ランナーまでいろいろな走りを見ることが出来ました。
 最初は旗を振ったり、拍手するだけでしたが、自然と「がんばれ!」「ファイト!」と口をついてくるようになり、応援に熱中してしまいました。観戦するだけならばTVの方が常に状況がわかって良いのですけれど、実際に走っている人を見るほうがやはり熱中できます。長野マラソンは一般応募の市民ランナーも参加できる大会ですから、特にそう感じられるのかもしれません。(参加総数4千人!)
 エゴロワなどの招待選手、谷川真理(市民ランナーとゆっくり走ってました)、視覚障害の人が伴走者とひもで手をつなぎながら・・・・、職場の上司、仕事関連の知り合い、近所でいつもジョギングしている人(かなり上位でした!)、虎(ねこ?)の着ぐるみの人、タイガーマスクなどのプロレスのマスク、白衣の人等々色々でした。

  '00.4.9


 長野マラソンの応援に行ってみようかな、なんて思ってもいるのですが、狙ったように我が家から遠い方にコースがあります(というか、現在発展している方向と我が家は正反対ともいう (; ;) )。当然マイカーの使用は不可能ですから、どうやっていくのが一番良いか・・・・悩んでます。自分一人なら自転車でも良いのですが・・・・・・(こどもも連れていって見たいし)。
 春の千曲川縁りの散策もかねて(いい天気なら)行ってみるつもりです。42.195kmを走る人を思えば数km歩くなんて全然平気ですよね!

  '00.4.7


 今週末には、「第2回長野オリンピック記念長野マラソン(だったっけ)」が行われ、エゴロワ選手などの一流選手のほかに、多数の一般ランナーが参加します。私の周囲でも、職場の所長ほか何名かの人がエントリーしています。今日の帰り道、近くの公園で外国選手がトレーニングしているのに出会いました。オリンピックの時とは雰囲気は違いますが、少々街の雰囲気が活気づいてきたかなと感じます。
 ところが、五輪後の停滞と不況が重なったせいもあり、長野市内からの大型店の撤退が現実になったり、噂に上ったりしています。「そごう」、「ダイエー」そして西武系のある店舗・・・・・それぞれ市内の中心的な役割をしていた店舗であり、撤退は周辺商店街にも大きな痛手となると思います。
 大きなスポーツ大会の開催とボランティアなどの住民参加、そして五輪後の経済の地盤沈下(それでもがんばっているところもおおいです)・・・・オリンピックの功罪を見せつけられます。特に商業五輪の残したものが、「ボランティア」と「商業・経済の停滞」というのが不思議(というか当然の帰結というか・・・)ですね。

  '00.4.6


 小渕(前)首相が昏睡状態の中、森新内閣が発足します。森喜朗総理以外はすべてが留任ということらしいですね。小渕(前)首相の遺志(ってまだ生きてる・・・)を継ぐ!、というアピールなのでしょうが、もう少し色を出すことは出来ないのでしょうか・・・。たとえば、相次ぐ警察不祥事でみそをつけた保利国家公安委員長を降ろすとか(たとえばですよ・・・・・)。
 ただ気になることといえば、小渕時代から支持率がじり貧で低下してきたことへの起死回生の一手として、「弔い合戦」として衆議院を解散し、情に訴えた選挙戦を戦い、自民党が圧勝するというシナリオです。(過去には大平首相が亡くなった時の選挙は自民党が圧勝している)。
 別に、どの党がどうのということではありませんが、政策に基づく選挙でなく、義理人情だけでの選挙ってのは、民主主義としてはレベルが低いように思えるので・・・・・・。
(全くミーハーですが、私、長野五輪の開会式当日、善光寺の境内で森(当時)政調会長(総務会長?)を見ました。光るような派手なつやのスーツを着ていて、あの恰幅ですから、なんだか違う組織の「えらいひと」のようでした・・・・目つきの鋭いSPもいたし・・・・)

  '00.4.5


 新しい年度がはじまりましたが、あまりに大きなニュースが続けざまに伝えられてきます。「小渕総理危篤!内閣総辞職」「有珠山噴火」「マイクロソフト連邦地裁敗訴」「選抜!東海大相模優勝」・・・・・・こうなってくると、高校野球なんてニュースにならないといった感じですね。・・・・・まるで、世紀末といった感じです。
 小渕総理のことですが、政治家というのは健康でなければだめだということが痛感されます。ちょっとの体調不良はものともせず、睡眠不足も平気で・・・・・って考えると、私には絶対無理だと思います(というか、間違ってもやりたくない職種)。今回のことは公務災害のような気もしますが、自ら望んで登り詰めた権力の座も、こんなことで終わってしまうのだと思うとなんだか悲しいものがあります・・・・・。

  '00.4.4


 春の選抜高校野球大会で、地元長野市の長野商業高校が六十数年ぶりの出場で、1勝(だけ)してくれました!長野県のチームというと出場回数全国有数の松商学園(私立:松本市)と最近強くなっている佐久長聖(私立:佐久市)というように長野市の高校はありません。
 だいたい市内の高校で歴史をさかのぼっても甲子園に出たことがあるのは、長野商業、長野高、篠ノ井高しかないんじゃないかな?ということで、市内の高校が甲子園で勝ったのも六十数年ぶり、1勝しかできなかったけれど、ちょっと恥ずかしい勝ち方とそんなに恥ずかしくない負け方、なにより、おもしろい試合をやってくれたので、「長商!よくやった!!」と言ってあげたいです。

  '00.4.2


 某県庁内のATMコーナーに置き忘れてあった○万円を某課課長補佐がねこばばした。という容疑で逮捕され、地元有力紙やN○Kが実名、実年齢、実住所、実職名で報道したということがしばらく前にありました。記憶から薄くなってきたところ、起訴猶予になったという報道がつい最近ありました。
 報道によると、起訴猶予の理由は「防犯カメラに写っている状況から、某課長補佐以外に置き忘れた現金に近づける者はいないことから犯行は認定できる。が偶発的で被害者にも処罰感情はない。」というもの。しかし、某課長補佐は否認している。
 シロかクロかという事実は神のみぞ知るということなのでしょうが、警察が犯行は認定できるが、起訴は猶予したということは(不起訴でなくただ猶予しているだけ・・・)、少なくとも社会通念上は、某課長補佐が犯行に及んだということが認定されてしまうということです。むしろ裁判になった方が本人の反論する余地はあると思うのですが、このままでは本人の潔白を示す場所は封殺されてしまうということになります。当然、本人や家族の今後の生活・仕事面でのデメリットは測りしれません。
 警察が起訴できるだけの証拠をきっちりとそろえた上で、あえて起訴を猶予し、このコメントを発表したのか、状況証拠的にはクロであるが、起訴に持ち込むだけの物的証拠等をそろえきれなかったために、起訴猶予とし警察のメンツとして、このコメントとなったのか・・・・。
 万一後者であったとするならば、それはきわめて重く考えなければいけないと思います。併せて、現時点においても、実名、実職名、実年齢で報道しているマスコミも全く同じです(つまり、マスコミは、警察と同意見で、犯罪者が刑事上処罰されないのであれば、社会的制裁が必要であるので、氏名を公表するべきと考えている?)
 犯行の事実が、衆人すべてに明白であることでないこの問題は、事実を裁くことが出来るのは司法の場であり、マスコミとか世論ではないはずです。このままでは松本サリン事件での河野さん問題と全く同じことだと思うのです。

  '00.4.1(エイプリルフールなはずなのにシリアスな話題になってしまいました。)


古いログ新しいログ