| ニュース目次 | 前のページ | 新しいページバックナンバー


藤本先生のマリンバ特訓実施される。

 長野市民吹奏楽団の打楽器パートの指導のため、3月2日(日)藤本隆文氏が倉崎サティアンを訪れた。
その後の時間に、倉崎夫妻らが、マリンバの特訓を受けた。その成果として、第9回の演奏会では、4本マレットのあざやかな バチさばきがみられるとか・・・・。(私は2本マレットだって出来ないぞ!)


楽器整備着々と進む(倉崎代表マリンバ購入!)

 第9回演奏会の曲目である「ゲインズボロー」では、マリンバが2台必要となるため、 このほど、倉崎代表は2台目のマリンバを購入し夫妻で練習に励んでいる。
 なお、今度購入したマリンバはこおろぎ社製のもの(1台目はヤマハ)。
(これでまた、ティンパニ買えっていう風当たりが強くなる!、楽器運搬用にステップワゴン用意したので許して!)


第8回演奏会 は無事終了しました。

 1月19日(日)午後2時から長野市民会館において,第8回の打楽器コン サート「〜風はブラジル色に〜」を開催しました。
 演奏は,直前の練習までの様子とは打って変わって(?),それなりの出来 だったのではないでしょうか。特に,タム・アム・ラダンサーズのサンバの熱演 に聴衆もびっくり!(あまりのすごさに,飛び入りステージ乱入予定者もビビッ てしまったようです。)
 残念ながら,演奏・舞踏の熱演とは裏腹に,アンケートに会場が寒かったと いう感想が多かったようです。暖房費として○万円も取られ,ボイラーも最大能 力での運転だったとのことですが,あの状態でした。(長野市はオリンピックに 予算をとられ,音楽文化施設に新たな投資が出来ないということなのでしょうか ・・・)
 このホームページの宣伝効果はまだまだ顕著なものはありませんでしたが,糸魚川市の加藤さん,神奈川県の八木さん等が遠路はるばるおいでになりました。
 ご来場の皆さん本当にありがとうございました。演奏会の感想,ご意見その 他なんでもお待ちしています。


タム・アム・ラ新聞第9号発行される!  

 第8回演奏会のプログラム付録として,本紙第9号が発行されました。
今回は,当グループドラムプレーヤーの 後藤さん の作になるものです。が、・・・・
朝日新聞,週刊長野の記事をカウントしても9号にはならないはずで,次回演 奏会の日程を間違えたり,編集デスク(塚田)のいい加減さが露呈したとかしな いとか。


国際アイスホッケー長野カップ'96で演奏!

 かねてより,長野オリンピックボランティア登録していたことから,12月 22日にアイスホッケーA会場「ビッグハット」でのオリンピック前大会である 「国際アイスホッケー長野カップ'96」の文化ボランティアとして演奏しました 。
 3位決定戦のピリオド間のリンク脇での演奏と,決勝戦の入場者への入口前 での歓迎演奏でしたが,当初のスケジュールが二転三転する中での演奏で,特に 歓迎演奏は,前の試合が延長戦で伸びたことから,当初の10分程度の演奏予定 が,40分にもなってしまいました。
 用意したレパートリーが多くなかった中で,綱渡り的な演奏でしたが,係員 には感謝されたこともあり,何とかボランティアとしては貢献できたのではない でしょうか。
 今後,実績を買われるか,単に便利屋として扱われるか,どっちでしょうか ?
 (寒い野外での演奏で,筆者は風邪をこじらせてしまいました。)


朝日新聞にもタム・アム・ラが掲載される!


  11月27日(水)朝日新聞長野県版 「ようこそ自分時間へ」にタム・アム・ラパーカッショングループが紹介さ れています。これは、23日(土)の練習風景を朝日新聞長野支社の記者の方が 取材したものです。きっかけは,このホームページが検索エンジンに掛かったこ とからとか。
 内容は,演奏会のお知らせやこのホームページのアドレスも入れていただき ,私たちには大満足のものです。(代表の倉崎君は年齢が出ているのに,小林さ んの年齢は出ていないぞ?)
 でも,天下の朝日新聞に演奏怪情報(?)が出てしまった以上いい加減な演 奏が出来ないプレッシャーがあります。
 このホームページもなかなかメジャーになったものです。(自画自賛・・・ )
下記の週刊長野に続いて,マスコミ取材も第2弾,これにより演奏会と,この ホームページの来場者が激増することを期待したいところ・・・。


(写真は,朝日新聞阿久津記者の取材にこたえる,倉崎代表)


「週刊長野」にタム・アム・ラが掲載される!

  10月19日(土)の「週刊長野」 の「すてきな仲間たち」のコーナーに、我がタム・アム・ラパーカッション グループが、紹介されました。
 前回6月の演奏会(7回)を同社記者の北原さんに聴いていただいたことか ら、取材されるようになったものです。
 とても、よく取材していただいていますが、内容を読んでみると、我々は単 なる「変人」みたい(前からそうだよ!)なのと、写真に出てくる楽器と、服装 (夏の取材だったので)からラテンバンド(又はサンバ隊?)のようなイメージ でした。


川中島古戦場祭りで演奏!のはずが・・・・

 9月22日長野市八幡原史跡公園(川中島古戦場)で行われる,川中島古戦 場祭りで演奏するはずが,台風の影響の雨で中止になってしまいました。


近藤 浩君・山下未生さんの結婚披露宴なごやかに執り行われる。

近藤 浩(ひろむ)君の結婚式が,9月8日(日),眼下に諏訪湖を見下ろす ,諏訪湖の森グリーンホールにて,和やかに(爆笑混じりで)執り行われました 。
 新郎浩君は,緊張感などどこ吹く風といったリラックス(しすぎ!)ムード でした。
 また,新婦未生(みお)さんは純白のウェディングドレス姿がとてもお似合 いでした。
 会場では,民謡,テノール独唱,諏訪響有志の演奏,両家家族の合唱等文字 通りスペシャルコンサートとなっていました。
 我がタム・アム・ラも今回は止まることもなく無事演奏が終了しました。


    披露宴当日発行した,タム・アム・ラ新聞第5号です!!

タム・アム・ラ新聞第5号 〜近藤 浩 君 結婚記念〜
    
     実録〜諏訪湖畔で実を結んだ純愛!?〜関係者は語る!


藤本 隆文 氏 長野市に出没!

タム・アム・ラパーカッショングループの第5,7回の演奏会の指導をして いただいた,神奈川フィルの打楽器奏者藤本氏が8月17日須坂市での演奏及び 長野市民吹奏楽団打楽器奏者指導のため,来長した。
 同日晩は,長野市民吹奏楽団,タム・アム・ラパーカッショングループのメ ンバーと酒を酌み交わし大いに語らった。(ついでにトイレ待ちの少年達とも語 らった・・・)
 両グループともに,打楽器の演奏には酒を十分に飲むことが必要であると理 解を深めたとか。


| ニュース目次 | 前のページ | 新しいページバックナンバー