TOP >JP_TOP >Archives


(主に海外)通信販売体験レポート


 

 インターネット(オンライン)通販が当たり前になってきました。打楽器の世界もご多分に漏れず、楽譜・楽器の通販サイトがいくつも見られるようになりました。
 とはいっても、使ってみるのは少々不安がありますね・・・・。で、管理人が後先考えずに、購入してみたサイトのレビューを勝手にやってみます。   でも、記載内容が正確に状況を反映している自信は(責任も?)全くありません。
 海外に限らず、オンライン通販には当然リスクもありますから、もし実行する場合はそのリスク分も許容できる範囲内で考えた方がよいでしょう。

    アンサンブル楽譜&CD関係
 
 外国からの通信販売で、特に問題なのは送料(Shipping Charge)ですが、アンサンブル等の楽譜は、かさばるものではないので、そんなに高価にはなりません、試してみるのも良いのでは。
 とはいえ、やはりJPCなどに在庫がある場合はそちらに頼む方が安心ですし、速いですね。

  1. Mallet Works Music
    ロサウロの譜面はここで手に入ります。
    ○オンラインカード決済専門サイトにつながるのでちょっと安心?(日本円での決済も出来ます。)
    ◎商品の到着が非常に早い!(2回とも1週間以内に到着)
    △商品を連続して「買い物かご」に入れると、うまく認識されないことがありました。

  2. Southern Music Company
    打楽器ばかりでなく各種の楽譜を扱っています。打楽器ではA.Gomez/Rainbows、T.Gauger/Gainsboroughなど
    ○納品は2週間以内で標準的。
    ○印刷物のカタログをただで送ってもらえます。
    ×カード情報の入力はセキュアサイトであるものの、「買い物かご」のシステムがない。
     (自分で、カタログNo.を調べて入力する。)
    ×送料の自動計算がないばかりでなく、送料の確認メールもなくいきなり送られてくる。
     (注文があった旨の自動メールは届きます。)

  3. P'hill Publications
    フランスの打楽器楽譜・CD専門サイト。
    ○色々な出版社、編成を扱っている。編成別のメニューがわかりやすい。
    ○落丁の際、正規品を素早く送ってくれた。
    △色々な出版社を扱っているものの、種類はあまり多くない。
    △当然ながらユーロ決済、換算がイメージしにくい?
    ×主にフランス語の記載。ほとんどに英語の併記があるが、たまに併記がない場所がある。

    打楽器そのもの!
 

 外国からの打楽器の購入は、やはり送料が問題です。大きい物、重い物は予想外に送料がかかってしまいます。
国際宅配便のサイズを超えてしまうと、航空貨物、船舶貨物扱いになり、通関の手続き・費用がばかになりません。
特に費用は非常識なくらい高いです。手続きそのものは良い乙仲(?)業者さんにお願いすれば困ることはありません。成田着の貨物であれば、参考の覧に記載した個人輸入通関センターさんにお願いすることで費用も手続きもだいぶ楽になるとか参考図書には書いてありますが、貨物になってかつ航空便でも費用がOKな打楽器ってどんなのがあるか難しいところです。
 費用・手続きとは別に、返品などは労力・語学力も必要となりますし、うまく対応できるとは限りませんから、壊れやすい物、機械部分がある物についてはリスクが非常に大きいと思われます。
 いずれにしても、通販システムをクリックするだけで購入は出来ないと思った方がよいようです。小さなものを買う場合でも、送料の提示とそれに対する同意を求めるメールに回答することだけは、最低でも必要になると思います。・・・・・でも2011秋現在の円高を考えると魅力ではありますね!

 とはいえ、国内にないような品物がオンラインショップにも並んでいますから、マレット類や、小物楽器(特にトライアングルなど壊れそうもない物)ならチャレンジする価値はあるかもしれませんね。

  1. The Percussion Source
    打楽器専門のオンライン販売サイトでは、システムがしっかりしていると思います。(一時期海外からのオンラインシステム注文が出来ませんでしたが、最近出来るようになったようです。メールで送料見積もりの同意・キャンセルの返信が必要ですが、例文を選択するだけなので英作文不要です。)また、以前登録したときカタログ冊子を2回ほど送ってくれました。
    カード決済が可能ですが、Paypal経由の支払いなので、予め(後からでも)、Paypalに登録しておく必要があります。
    実はここから船便で送ってもらうような楽器を購入したことがあります。ドタバタしましたがなんとか手元に届きました。楽器の種類はヒミツです・・・。
  2. Steve Weiss Music
    こちらも打楽器専門のサイトですが、米国外の場合はオンラインでの販売はなさそうで、FAXや電話での連絡が必要です。ただし、サイトにファックスオーダーのフォーマットが掲載されているので、それに従ってFAXすれば、カード決済で購入できます。部品などですが、注文したところ、正味3日で到着!!速っ!!!(但し、送料の見積もりもなくいきなり送ってくるので、送料はカードの請求書で事後確認になります。(黙っていると)
    Groverのタンバリン皮の交換キットはここにラインナップされています。

    参考
 
  1. 外国為替(ドル・ユーロなどの円との換算)
    円高だと海外からの購入はメリットがあるのですが、為替のレートは激しく動いたりしてますよね。
    '11.9現在では、円高が極端なくらい進んでいます。輸入のチャンスだけど、先立つものはありません・・・。
    Yahooファイナンス 外国為替情報へ
  2. 個人輸入通関相談センター(成田空港着の個人輸入通関を格安に対応をしてくれるそうです。)
  3. ゆうちょ銀行海外口座への送金
    海外の銀行口座への振込Bank Wire Transferは「ぱるる」の通帳を持っていると格安です。

    国内通販サイト
 

 国内でも最近はオンラインショップが増えてきています。アンサンブル関係の楽譜や楽器が購入できるサイトを見繕ってみます。

  1. World Wind Band Web(吹奏楽を中心にした出版社ブレーンのサイト)
    アンコン指向の打楽器アンサンブル曲が多く出ています。
    金田真一/天野正道/高橋伸哉/八木澤教司/吉岡孝悦(セレモニー、ディベルティメント)
  2. アトリエ・エム
    真島俊夫の作品など(打楽器アンサンブルの種類は少ないですが)
  3. マザー・アース
    現代音楽を中心にしたサイト、他社の楽譜等の購入、調査もしてくれるようです。
    松下功(炎のマントラなど)
  4. eJPC(Japan Percussion Center のオンラインショップ)
    独自出版の打楽器アンサンブル曲&CDがあります。当然楽器も。
  5. ショット・ミュージック
    現代作品(武満徹、一柳慧、安倍圭子など)の販売や、外国のレンタル譜の取り扱いなど
  6. 全音楽譜出版社
    西村朗(ケチャ、エクタール)、吉岡孝悦(三つの舞曲、スクエア・ダンス)作品など
  7. サウンドハウス
    音響機器を中心とした通販サイト。
    ドラムやポップス系のパーカッション、小物楽器など実はかなり種類が豊富。ドラムヘッドはかなり豊富で安いです。
  8. ヤフー!オークション(打楽器)
    市場規模の大きいドラム関連の楽器等は、掘り出し物があったりします。